治療家も知らない!腰椎4-5間の椎間板ヘルニアで脛に症状が出る理由。

手と足の痛みやしびれ, 整体師に必要な知識

治療家の中には、知識の浅い人が実は少なくありません。特に椎間板ヘルニアのような神経障害についてはなおさらです。もし、椎間板ヘルニアと診断されて、今までに、整体や接骨院、カイロプラクティックなどの治療院へ行ったことがある人は、よく思い出してください。次のようなベッドサイドで行う検査(整形外科学検査、神経学的検査)をしましたか?膝下やアキレス腱を叩いて反射をみる検査、足の筋力検査(力がしっかり出せるか)、足の感覚(振動や触れられた感覚、チクチクする痛みの感覚)の検査。もし、これらをしていないのであれば、その治療家は神経障害に対する知識はあまり持っていない可能性が高いです。なぜなら、これらの検査がとても重要だからです。

椎間板ヘルニアでも症状が出るとは限りません

腰椎椎間板ヘルニアといえば、足に痛みや痺れを出す原因のひとつで、これに悩まされている人もたくさんいます。椎間板ヘルニアがあるかどうか正確に判断する方法はMRIです。レントゲンには椎間板は映りません。ただし、その椎間板ヘルニアが、痛みや痺れの原因かどうか確定するためにはMRIでもわかりません。なぜなら、椎間板ヘルニアがあっても症状が100%でるわけではないからです。

1995年、Volvo賞を受賞したBoos博士の研究により、腰痛などの痛みやしびれがない人を検査したところ、76%の人に椎間板ヘルニアが見つかるという結果がでました。

椎間板ヘルニアが足に痛みや痺れを出しているか確定するにはMRIに加えて、冒頭で書いたベッドサイドで行う検査で、椎間板ヘルニアの位置と、傷害されている知覚、筋力、反射の場所が一致していなければなりません。つまり、病院でMRIをとっても、ベッドサイドの検査をしていなければ、椎間板ヘルニアが症状の原因となっているかどうかはわからないという事です。本来であれば、ベッドサイドでの検査で神経障害の疑いがあってからMRIを撮るのが筋です。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアによって起こる症状は、痛み(しびれ)や麻痺などの感覚異常、力が入らなくなる筋力低下、反射の低下、です。これらすべてが同時に起きるとは限りませんが、複数起きることも少なくありません。

「痛み」が、どういった症状か分からないという人はいないと思いますが、しびれと麻痺を区別がつかない人は多いと思います。「しびれ」と言うのはピリピリ、ジンジンといった感じで、正座を長時間した後に起こる症状と同じです。「麻痺」は感覚が低下した状態または完全に感覚が無い状態のことです。歯の治療の時に、麻酔を打ちますよね。すると、口の周りを触っても何も感じなくなります。この状態は「麻痺」と言います。椎間板ヘルニアを調べる場合、しびれと麻痺は区別しなければなりません。その理由は「しびれ」は筋肉の異常でも起こるが、「麻痺」は神経の異常でないと起こらないからです。下で説明しますが、椎間板ヘルニアの位置とこの感覚異常は、決まった場所で起こります。

「筋力低下」はなぜ起こるのかと言うと、神経には脳へ行く感覚神経と、脳から筋肉へ行く運動神経があり、それらが一本の電線のように束ねられているからです。そのため、その束が椎間板ヘルニアによって障害されることで筋力低下も起こります。

「反射」は、一番有名な反射の検査は、脚気の検査をする時に行われていた、膝の下を叩く検査です。これも運動神経の反応を見る検査です。この膝の下を叩くことで起こる反射は、第4腰神経の働きです。つまり、この反応が悪いと第4腰神経が障害されている可能性があります。ただし、反射はもともと出にくい人もいるので、その他の検査と合わせて判断しなければなりません。

神経が支配している皮膚の場所(デルマトーム)

デルマトーム(皮膚分節)というのがあります。これは脊髄神経が特定の皮膚の領域の表在感覚を支配していることを示した図です。例えば、膝の前のL4というのは、第4腰神経(腰椎4/5の間から出る神経。以下、腰神経をLと表記)が、表在感覚を支配していることを示しています。

デルマトーム

記号の説明
C:背骨に対しては頚椎を表し、神経に対しては頚神経を表す。
T:背骨に対しては胸椎を表し、神経に対しては胸神経を表す。
L:背骨に対しては腰椎を表し、神経に対しては腰神経を表す。
S:背骨に対しては仙骨を表し、神経に対しては仙骨神経を表す。

ややこしい!腰椎4-5間のヘルニアは腰神経5を傷害する

上のデルマトームのところで「第4腰神経(腰椎4/5の間から出る神経)」と書きましたが、ほとんどの場合、腰椎4-5間の椎間板ヘルニアではL5の神経を障害され、当然ですが症状もL5の範囲の脛のあたりにでます。その理由は、腰椎椎間板ヘルニアは、その飛び出す場所によって内側性と外側性に分けられます。ですが、骨格の構造上、椎間板ヘルニアは内側性が圧倒的に多く起こります。腰椎4-5間から出ている神経がL4なので、腰椎4-5間の椎間板ヘルニアはL4の神経障害だと思っている治療家は、残念なことにたくさんいます。もし、外側性であればL4の神経が障害されますが、これはどのような動作で症状が出るか検査することで見分けることができます。

腰椎4-5間の椎間板ヘルニアが、L5が傷害する理由をもう少し詳しく書きます。下の図を見てください。

img_0625

図:ネッター解剖学アトラス 南江堂

脊髄は背骨で作られた脊柱管と言うトンネルの中に入っています。そのトンネルの両脇の所々に空いている穴(椎関孔)から出ている脊髄の枝を脊髄神経と言います。

図の左側を見てください。頚神経は脊髄から枝分かれして、すぐ近くの椎関孔を通って背骨の外に出ていますが、腰神経は脊髄から枝分かれした後、背骨の中を下ってから椎関孔を出ています。これがとても重要になります。次に図の右の腰椎の部分を拡大した図を見てください。腰椎4-5間の椎間板ヘルニアの場合、障害される神経は背骨の中を下降しているL5と言うことがわかります。脊柱管内で起こる椎間板ヘルニアなので内側性の椎間板ヘルニアと言います。

外側性の椎間板ヘルニアは下の写真のように脊柱管外に飛び出たものを言います。この場合は椎関孔から出た後の脊髄神経が障害されるので、例えば、前述したように腰椎4-5間(写真では腰椎3-4番間)の外側性椎間板ヘルニアであれば、L4の神経障害が起きることになります。

外側性椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは頚椎と腰椎に多い

腰椎椎間板ヘルニアについて書きましたが、椎間板ヘルニアは可動範囲の広い頚椎と腰椎が発症しやすく、肋骨により動きが制限されている胸椎で発症することは外傷以外では非常に希です。

頚椎椎間板ヘルニアの場合、腰椎椎間板ヘルニアとは違い、障害部位と同レベルの高さにある脊髄神経が障害されます。つまり、頚椎4-5番間の椎間板ヘルニアの場合はC5が障害されます。頚神経で注意することは頚椎7個に対して、頚神経は8本あると言うこと。腰椎4-5番間から出ている脊髄神経はL4ですが、頚椎4-5番間から出ている脊髄神経はC5、と言うように、神経の番号が一つズレてます。

どうですか?ややこしくないですか?

もしかしたら梨状筋症候群かも

梨状筋症候群は、殿部や下肢に、痛み、しびれ、知覚低下、筋力低下などを引き起こします。椎間板ヘルニアと症状はそっくりです。当然ですがこれも神経障害です。しかし、決定的な違いがあります。それは神経が障害されている場所です。椎間板ヘルニアは、椎間板のある脊柱のどこかで神経が障害されますが、梨状筋症候群は殿部の梨状筋(下図)の下で坐骨神経が障害されて症状が出ます。病院だとこのことをハッキリと区別せず、坐骨神経痛という病態だけしか教えてくれないことが少なくありません。坐骨神経痛とは、坐骨神経が支配する領域に起こる障害の総称でして、病名ではありません。坐骨神経痛の原因は多岐にわたり、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群など様々。これではどこを直せばいいのか分かりませんよね。だから障害部位を特定することが大事なんです。

梨状筋症候群

梨状筋症候群と椎間板ヘルニアを区別するための検査

一例ですが、下肢の痛みやしびれで、神経障害が疑われる場合にSLRという検査があります。患者さんは仰向けで寝た状態で、第三者が片足を上げていき、症状が出るか確認する検査です。腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋による神経の圧迫があると、脚を上げていく際に神経が引き伸ばされて、痛みやしびれが出ます。しかし、これだけでは、どこで神経が圧迫されているのか分かりません。

そこで、下肢を外旋(つま先を外側に開く)させた状態(こうすることで梨状筋が緩む)で脚を上げていきます。これにより、SLRを行って痛みやしびれが出た角度より、さらに高くあげられるようになれば、梨状筋での神経圧迫を疑うことが出来ます。

もちろん、この検査だけで、判断するわけではありませんが、とても重要な検査です。

もしかしたら筋肉の痛みかも

坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアで神経が障害された痛みやしびれは、腰だけでなく、お尻や足へ痛みを出します。このことは、医師やセラピストに限らず、一般の人にも多く知られていることだと思います。ですが、実は神経障害ではなくでも、お尻から足にかけて痛みやしびれを出す障害があります。その一つが小殿筋の筋膜による痛みやしびれです。

筋膜と言う言葉は、最近メディアなどでも取り上げられるようになったので、名前を聞いたことある人も少なくないと思います。筋膜は筋肉の表面を覆っている膜で、コラーゲン線維で出来ています。覆っているといっても、筋膜は複雑に絡み合う網のようなものなので、筋肉と筋膜を完全に分離することはできません。みかんの白いスジをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。しかも、みかんの白いスジって、一つの房だけでなく、隣り合う房にも絡み合ってくっ付いてたりしますよね。筋膜も似ていて、隣り合う筋肉の筋膜と絡み合い、互いに影響を及ぼします。

小殿筋の筋膜性の痛みの範囲

小殿筋は骨盤の側面にあります。この筋肉は骨盤と、大腿骨(太ももの骨)を繋いでいます。主な働きは、脚を開く外転です。他にも働く線維の部位によって、脚を内側に捻じったり、外側に捻じったりするときにも使います。

小殿筋の筋膜性の痛みは、下の図の赤い範囲に出ます。お尻だけでなく、足首の方まで症状が出ます。これが、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と間違えられて診断されます。しかし、神経障害との違いがあります。それは、デルマトームのところで説明したような、椎間板ヘルニアの場所と症状が出ている場所が神経の支配範囲と一致していないと言うこと。このように筋膜性の痛みやしびれは、神経支配の法則から逸脱して出ます。

坐骨神経痛

テニスボールを使った小殿筋のストレッチ

ストレッチの最中に症状が悪化する場合は、控えてください。ストレッチを行う際は、自己責任でお願いします。

壁と体の間にテニスブールを挟んで、体重をかけるようにしてテニスボールを小殿筋に押し当てます。小殿筋はほぼ体の側面にあるので、壁に対して体が垂直になるようにしてください。この時、軽く股関節と膝を曲げてやりましょう。おそらく、押し当てた部分が結構痛いと思います。もし、テニスボールを当てた部分に痛みが無い場合は、少しずつ体の角度を変えて、場所をズラして、痛みやコリ感のある部分を探してください。場合によっては、図の赤い範囲まで痛みを飛ばすこともあります。押し当てる場所が見つかったら、そのまましばらく押し当てるか、ゴリゴリと押し当ててみてください。90秒以内位が目安です。痛みに問題なく耐えられる強さで押し当ててください。

効果が出ると、やり過ぎて、逆に筋肉を痛めて悪化させる人がいます。適度に行うことで最大の効果が出ます。やり過ぎには注意してください。

小殿筋テニス

小殿筋ストレッチ

小殿筋を緩めても症状が改善しない場合

上記のストレッチをしても、ほとんど効果が無いか、少し良くなる程度という場合もあります。最低でも、2週間以上はストレッチを行ったことが前提ですが、その場合は以下のようなことが考えられます。

  • ストレッチがちゃんと出来ていない。
  • そもそも小殿筋の筋膜性の痛みではない。
  • 小殿筋に負担がかかるような体のバランスの崩れや歪みがあるため、回復が追いつかない。
  • 障害が長期間続いたため、痛みを伝える神経が変性を起こしてしまっている。

このような場合は、一人で何とかしようとしても、なかなか改善しませんので、ちゃんとした専門家にみてもらってください。

まとめ

腰椎椎間ヘルニアなどの神経障害は、しっかりとした知識が必要で、ちゃんとベッドサイド検査が行えないといけません。これらの検査は、神経が傷害されている場所を特定するためだけではなく、小殿筋の筋膜性の痛みやしびれと区別するためにも必要になります。実際に病院で椎間板ヘルニアと診断された人でも、ベッドサイドの検査では神経障害の反応が出ない人が少なくありません。もし、筋力検査や感覚の検査など行わず、レントゲンだけで診断され、1カ月以上、症状が続いている場合は、ちゃんとベッドサイドの検査ができるところで一度みてもらってください。