椎間板ヘルニアで必ず痛みが出るわけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お尻や脚の広範囲に痛みやしびれが出ると、椎間板ヘルニアかもしれないと思う人もいると思います。あるいは、実際に病院で検査してみたら椎間板ヘルニアが見つかったなんて人もいると思います。しかし、椎間板ヘルニアがあるからと言って、必ずしも痛みを出すわけではありません。

スポンサードリンク

健康な人76%の人に椎間板ヘルニアがあった

1995年、Volvo賞を受賞したBoons博士の研究により、腰痛などの痛みやしびれがない人を検査したところ、76%の人に椎間板ヘルニアが見つかるという結果が出ています。このことにより「椎間板ヘルニア=痛み・しびれ」と言うことが分かります。

椎間板ヘルニアで痛みやしびれる場合は?

前述したように「椎間板ヘルニア=痛み・しびれ」ではないのですが、やはり、椎間板ヘルニアの影響で痛みやしびれを出すことが当然あります。椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると痛みがでると思われがちですが、実は神経は圧迫には強く、それだけで痛みを出すわけではありません。実際に動物や人体実験でこれらは証明されているそうです。

神経の一時的な圧迫で起こる症状は、しびれや知覚異常、筋力低下です。これは一定時間、正座をした後に立ちあがった時を想像していただけると分かりやすいと思います。この時、しびれや知覚異常は起きていますが、「痛み」は起きていませんよね。

では、痛みが起こるのはどんな時かと言うと、炎症が起こった時に痛みが出ます。炎症が起きる理由は、神経根周辺の循環障害による虚血(血量の減少による局所の貧血)や、椎間板の中にある髄核の脱出(この現象を椎間板ヘルニアと言う)による刺激性物質にさらされた場合などです。結局のところ、椎間板ヘルニアがあり、その周辺に負担がかかり続ければ炎症を起こすリスクが高まるわけです。

お尻や脚に痛みがあれば、椎間板ヘルニアがあれば、それが原因なのか?

これはこのブログやホームページで何度も書いていますが、お尻や脚の痛みがあって、椎間板ヘルニア見つかったから言って、それが原因であるとは限りません。神経は体の決まった部分の感覚や運動を支配しています。障害されている神経と、症状の範囲などが一致していることが前提になります。もし一致していなければ、神経以外の障害と言うことになります。

まとめ

末梢神経は圧力に対しては強いため、椎間板ヘルニアがあるからと言って痛みを出すわけではありません。ただし、椎間板ヘルニアになるということは、その部分へ負担がかかりやすい姿勢や動作が行われるからですので、その負担がいつまでも続けば、炎症を起こして痛みやしびれの原因になることが考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

施術も行っています

神奈川県大和市でカイロプラクティックをしています。

骨盤や背骨を矯正することがカイロプラクティックではありません。カイロプラクティックは神経の伝達を最適な状態にすることを目的としています。体のバランス、痛み、しびれ、自律神経障害、運動障害・・・すべてに神経が関わっています。筋肉や骨だけを考えていては、改善しない症状がたくさんあります。

もし、私の書いたブログを読んで、施術を受けてみたいと思っていただけたなら、いつでもご連絡ください。きっとお役に立てると思います。

 


中央林間カイロプラクティックオフィス

中央林間カイロプラクティックオフィス

〒242-007 神奈川県大和市中央林間4-5-9 Coma21-201号室

コメントを残す