めまいは原因によっては生命に危険を及ぼす場合があります。当院でも危険性がないか検査しますが、はじめてめまいが起きた人は、当院の前に病院で検査を受けることを推奨します。CTやMRIで異常がなければ生命に危険を及ぼす可能性はほとんどありません。薬や病院の治療でも改善しない、あるいは原因が不明の場合はご相談ください。

当院では、病院で治らない原因がハッキリしないめまいには、機能神経学的(脳と体を繋ぐネットワーク(神経)の問題)な観点で症状の原因を探ります。

めまいの分類

中枢性末梢性失神性心因性
原因脳幹、小脳、大脳内耳(三半規管、耳石器)、前庭神経、固有感覚受容器血管、血圧、脳幹ストレス、精神
症状回転性<非回転性
ふらふら酔っぱらったような感覚。浮いた感じ。
回転性>非回転性
ぐるぐる回っているような感覚。
慢性化すると非回転性のめまいになることも少なくない。
意識が飛びそうになる中枢性の症状に近い
病名例脳梗塞、脳腫瘍、小脳出血、などメニエール病、良性発作性頭位めまい症、起立性調節障害、迷走神経反射自律神経失調など
生命の危険度中-大

めまいでよく聞く“メニエール病”や“良性発作性頭位めまい症(BPPV)”は、症状は辛いですが、命にかかわるような危険なめまいではありません。

メニエール病は内耳のリンパ液が過剰に作られてしまうことでめまいが起こります。BPPVは三半規管に耳石が迷い込み、それが頭の動きを感知するセンサーに刺激を与えてしまうため、平衡感覚が狂い、めまいが起きます。

めまいの原因になる3つの感覚

視覚

視覚

目から入ってくる映像(情報)のことです。

固有感覚

深部感覚

筋肉や関節、皮膚から脳へ伝えられる情報のことです。

聴覚

平衡感覚

前庭系(三半規管、耳石器)のことです。

この3つの感覚を繋ぐネットワークに問題が起きた時にめまいは起こります。例えば、乗り物酔いをする人の場合、自分の体は動いていないのに、風景が動くことで、視覚と深部感覚にズレが生じて、脳が混乱し酔ったりめまいが起こります。

  • 視覚に問題があると
    目を開けているとめまいが起こるが、目を閉じるとめまいが治まる。
    ※視覚の問題は、眼球を動かす筋肉や神経に異常があり、右目と左目の動きが連動しない(物が2重に見えてしまう)などがあります。
  • 深部感覚に問題があると
    目を開けて立っている時は問題が無くても(視覚情報で平衡感覚を補正できるため)、目を閉じると足や頭の位置を正確に認識できなくなり、揺れたり、めまい感が発生します。
  • 平衡感覚に問題があると
    目を開けていても、閉じていても、めまいが発生します。

当院では

上に書いた3つの働きに異常が無いか検査をします。

例えば、三半規管と眼球の動きは連動していので、眼球の動きから三半規管の働きを見ることが出来ます。体の細かい動作から、深部感覚の働きを見ることが出来ます。検査で問題部位を洗い出し、施術やトレーニングなどで改善を試みます。

動画は私の父(病院で治らなかっためまい)に対して検査をしているところです。運動をスムーズに行えていないことが見てわかると思います。