整体などでボキッと矯正をする2つの本当の理由!

整体師に必要な知識

【骨の位置を整えているのではありません】

整体やカイロプラクティックへ行くと、ボキッと音のなる矯正を受けることがあります。おそらく一般の人は、この「ボキッ」と音がなる矯正をする、ちゃんとした理由についてはご存じないと思います。実は、本来の理由を理解しないで行っている治療家も少なくありません。「骨の位置を整えているんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんが、違います。実は音が鳴ることで、人によっては気持ち良いというリラクゼーション効果はありますが、鳴らなくても治療効果に差は出ません。つまり音を鳴らすことが目的ではありません。

カイロプラクティックでは、このボキッと音のなる矯正方法を「アジャストメント(アジャスト)」と言います。他の手技ではスラストと言ったりすることもあります。私はカイロプラクターなので、このブログでは便宜上、アジャストと書かせていただきます。アジャストを行えるのはカイロプラクターだけという意見もあるかと思いますが、一般の方向けに書いていますので、その部分についてはご容赦ください。

目的1・関節可動域の拡大

アジャストの目的の1つが、関節可動域の拡大です。関節可動域については「整体師が学ぶ関節の制限(動きの喪失)と矯正するべき場所」も参考にしてください。

関節可動域を改善させる理由

関節を一定期間、動かさないでいると、関節周辺の皮膚、筋、腱、靭帯などの軟部組織が硬くなり、関節可動域を狭めてしまいます(拘縮)。この可動域が狭くなった関節に対して、アジャストを行うことで、硬くなった軟部組織が引き伸ばされ、柔軟性がつき、可動域が拡大します。

もし、この関節可動域の拡大が目的であれば、アジャストでなくても方法は他にもあります。例えばモビリゼーションという、関節を揺り動かして刺激を繰り返す方法でも可動域を拡大することが出来ます。

可動域を拡大させる目的はもう一つあります。それは体液循環の改善です。不動によって軟部組織が硬くなってしまうと、その周辺の体液循環が悪くなり、老廃物が溜まって、痛みやコリなど不快な症状を出したり、神経や血液の流れが低下したり、治癒力(血液には酸素や栄養が含まれているため、循環しないと組織の回復力が低下する)が低下します。

関節可動域を改善させることは、体の動きだけではなく、痛みやコリの改善、治癒力の向上などの効果もあるのです。

目的2・神経への刺激

専門的な話になりますが、これがボキッと音の鳴る矯正を行う最大の理由です。正確には音が鳴るくらい強い刺激を与えること、で、実際に音が鳴るか鳴らないかで、治療効果に差はありません。

筋が瞬時に緩む

アジャストは必ず関節に対して行います。関節とは骨と骨の連結部分のことを言います。骨には腱が付いています。筋の両端部分が腱です。筋と腱の移行部には腱紡錘(ゴルジ腱器官)という、筋の張力(緊張度・筋トーン)を監視している受容器(センサーのようなもの)が付いて、筋が強く収縮すると、腱が引き伸ばされ腱紡錘が反応し、“筋を緩めなさい”という命令を脊髄を介して同筋に出して、筋や腱が壊れるのを防ぎます。

ボキボキ理由

例えば、床に置いてある100kgのバーベルを一気に持ち上げようと急激な力を入れた場合、それを持ち上げられるだけの筋力が無ければ、筋や腱はその負荷に耐えられずに壊れて(筋・腱断裂・肉離れ)しまいます。こういった怪我を防ぐための神経生理学的な作用です。

アジャストはこの反応を意図的に起こして、瞬間的に筋を緩めています。

脳の活性化により姿勢が改善

腱紡錘を含む深部感覚の刺激は前・後脊髄小脳路を通って小脳(脊髄小脳)へ向かいます。脊髄小脳は筋の緊張をコントロールしています(姿勢保持)。小脳は大脳基底核、大脳皮質と連絡し、運動の計画やタイミングなどの調節も行います。運動機能に何らかの異常が見られるなら、小脳を無視することが出来ません。大脳皮質や小脳へアプローチする方法として腱紡錘を含む深部感覚を刺激を利用することがあります。カイロプラクティックで姿勢や体の歪みが改善するのは、この小脳を含む神経の働きにより筋肉の緊張のバランスや平衡感覚が整うからです。決してアジャストで骨の位置を整えているわけではありません。

アジャストは運動機能の改善や向上させる手段にもなります。どこの深部感覚を刺激するかによって、その刺激が伝わる場所が違うので、神経についての知識が必要になります。

ボキボキが危険(特に首)と言われている理由

「ボキボキは危険」って聞いたことがある人もいると思います。本当に危険なのかというと、正直言って施術者の知識や技術によっては危険な場合があります。アジャストはとても高度なテクニックで、誰がやっても安全というものではありません。力が強過ぎたり、不必要な場所へのアジャストは体を壊す可能性もあります。

ネットを調べてみても、特に首への矯正は「危険」とか「禁止されている」というのをよく見かけます。

正確には「頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要がある(厚生労働省ホームページより)」。回転伸展操作とありますが、回転とは「首を左右のどちらかに向ける」動作のことを言い、伸展とは「首を後ろに反らす」動作のことを言います。実は、首を左右のどちらかに向けた状態で、さらに首を後ろに反らすと、向いた方向とは反対側の椎骨動脈への負荷が最も高くなります。この状態からさらに力を加えることで、その椎骨動脈を損傷する可能性があり、その行為が禁止されています。

下の写真は頚椎の模型です(矢印は無視してください)。緑の骨のところにある、赤い紐みたいなのが椎骨動脈で、上の方が大きくカーブしてますよね。ここが損傷される危険性のある部分です。
小指のしびれ

ちなみにカイロプラクティックの学校では、首の矯正を教わりますが、この時、首を「屈曲(伸展とは逆で首を前に倒す)、側屈、回旋(回転と同意と思ってください)」と習います。つまり、ちゃんとカイロプラクティックを勉強した人は、首を伸展させて矯正することの危険性を理解しているはずです。

以上のことを踏まえて、次のような考えを持っている治療家のアジャストは危険が伴います。

  • 音を鳴らすことに拘っている。
    音を鳴らすだけなら、関節(滑膜関節)を強く引っ張れば音が鳴ります。音に拘ってアジャストを行っている治療家は、力が強過ぎたりして関節を痛めてしまう可能性があります。
  • 全身をとにかく矯正する。
    通常、1回の施術でアジャストが必要な所は、背骨で1~3か所程度と言われています。とにかく背骨を下から上までボキボキ鳴らすような治療家は、アジャストの目的を理解していない可能性があり、矯正する必要のない関節まで矯正したりするので危険です。
  • 「ズレた骨の位置を治す」と言う考えを持っている。
    アジャストはズレた骨の位置を動かしているわけではありません。前述したように、アジャストは関節可動域の拡大と、神経への刺激が目的です。骨を動かすという考えを持っている場合、当然、力が強過ぎる可能性があり危険です。

もし、整体やカイロプラクティックへ行って、アジャストを受けるような場合、アジャストの目的を聞いて見ると、その治療家の知識や見識の判断材料になると思います。

まとめ

ボキボキと音が鳴る矯正は、ズレた骨の位置を治すためのテクニックではなく、関節可動域の拡大と神経への刺激によって得られる効果が目的です。このテクニックは高度な技術が必要なので、下手な人や知識の乏しい人が行うことは危険が伴います。

※ボキボキする理由について、カイロプラクターとして科学的な神経生理学に基づいた効果を書いております。もしかしたら整体の流派などによっては、別の意味合いがあるのかもしれません。