手首に痛みが出る動作は?

手首を反らすと痛みがでる。

手首の痛みの相談で多いのは、「手を着くと痛い」ということです。つまり、手首を反らすと痛みが出ます。この痛みを訴える人は、パソコンを頻繁に使用していることが多いようです。キーボードを叩く際に常に、手首を反らした状態になっていることが関係しています。

痛みを出す要因として

  • 手関節の歪み
  • 指先を使うことによる前腕の筋肉の疲労

などが考えられます。

手首を曲げると痛みが出る

反らした際の痛みに比べると、相談の割合は少ないように思います。こちらの場合も、やはり前腕の筋肉の疲労が大きく関係してきます。

手首の痛みに関連するページ

中央林間カイロでの手首の痛みの対処

症状がひどく、炎症を起こしているようであれば、アイシングなどをしながら、患部に負担がかからないように周辺や関連のある筋肉や筋膜などを緩めていきます。

手首がある程度動かせるようであれば、関連している筋肉などの軟部組織を緩めます。そして、関節を正しい位置に固定した状態で、指や手首に関連する筋肉を動かしてもらいます。

手首への影響は足からくることもあります。手首の痛みだからといって、手首だけを調整することはありません。全体を調整し、手首への負担を軽減させます。病院や整体院、カイロプラクティックに通っているけど、一時的な効果しかなく、なかなか改善しないような場合、手首以外からの負担が大きいのかも知れません。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。