ムチ打ち

ムチ打ちとは、交通事故などの衝撃により、鞭のように首が振られ、その衝撃により首周辺の筋、靭帯、骨、椎間板、血管、脊髄などを損傷することです。

まずは、必ず一度、病院で検査を受けてください。これは、骨折や脊髄に損傷の可能性があるからです。また、ムチ打ちによる脳脊髄液減少症(脳脊髄液が漏れる)の心配もあります。症状は、めまいや耳鳴り、頭痛や倦怠感など。病院の検査で、骨や脊髄などに問題がなく、めまいや耳鳴り、頭痛など原因不明の症状が出ている場合、強い衝撃によって脳が誤作動を起こしている可能性があります。

中央林間カイロでのムチ打ちへの対処

首が大きく振られることで、関節のズレや、筋の損傷が起こります。まずは痛みを取り除くため、関節や筋肉の問題を取り除きます。ムチ打ちは、大きく首が振られることで、靭帯も損傷することがあり、首を支えることが困難になり不安定性を生みます。首が不安定になると、動き過ぎてしまうため、再び筋肉や靭帯を痛めてしまい、悪循環してしまいます。首の筋肉を緩めるだけでは問題は解決できないので、安定性を付けるために、首周辺の筋肉を働かせることもします。脳脊髄液減少症とは別に、胸鎖乳突筋という筋肉は、めまいや耳鳴り、頭痛も引き起こすので、必ずチェックします。

めまいや耳鳴り、頭痛や倦怠感など、原因不明の症状がある場合は、脳や脳神経の誤作動を考え、神経学的な検査を細かく行い、機能的な問題を探り、正常に機能していない部分に対してアプローチします。

頚部周辺には交感神経が通っていて、外傷や、周辺組織の損傷による影響で交感神経が刺激されます。これにより不眠や血圧異常、眼の異常や眼精疲労(瞳孔が散瞳してしまうことでの影響)が起こることがあります。まれに、交感神経麻痺によりホルネル症候群(縮瞳、眼瞼下垂(まぶたが下がる)、額の発汗低下)がみられることもあるようです。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。