首や手の痛み、坐骨神経痛など、神経痛またはその疑いのある人限定になります。

当院で検査・分析を行い、当院の考えや改善させるための方針についてご説明いたします(20~30分)。この時点で、ご納得いただけなかった場合は料金はいただきません。納得していただけましたら、その後に施術を行います。

自信があるのは神経学を長年勉強しているからです。

まずは、当院での説明を受けて見てください。

手の痛みや坐骨神経痛に対する実際の症例報告

実際の症例もご覧ください。

当院の症状に対する検査や考察を詳しく書いていますので、他の治療院との違いが分かると思います。

膝の痛み
食事が原因だった膝の痛みの症例
坐骨神経痛
坐骨神経痛
【椎間板ヘルニア】座ってると足の小指周りに鋭い痛み
神経機能障害
大腿前側の痛み
【大腿神経痛】歩くと太ももの前側が痛い
上肢の痛みやしびれ
手のしびれ
【頚椎症】手の激痛の後の感覚麻痺
坐骨神経痛
坐骨神経痛
【椎間板ヘルニア】5m歩いただけで痛みで動けなく
坐骨神経痛
坐骨神経痛
【坐骨神経痛】休み休みじゃないと歩けない

※効果には個人差があります。

坐骨神経痛の改善には検査が重要

病院で坐骨神経痛と言われて来院した人でも、実際は神経痛ではない人がたくさんいます。

坐骨神経痛と言う言葉は、病名ではなく坐骨神経の走っている範囲に出る、痛みやしびれの総称で、ただの症状を表す言葉です。

つまり、頭が痛いのを頭痛、腰が痛いのを腰痛、と言っているのと同じで、原因が特定できていない状態です。

もし、原因がハッキリしていたなら、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、などという病名で診断されます。これについてはブログの方で詳しく書きました。

坐骨神経痛とだけ言われたら「原因が分からない」ってこと

そのため、まずは最初にも書いた通り、当院で検査をします。

検査と言うのは、反射、知覚、筋力などをみる、神経学的検査、整形外科学的検査、筋力検査などです。神経学とか整形外科学とついているように、本来は病院で行う科学的な根拠のある検査です。

しかし、残念ながら、これらの検査には時間がかかると言うことと、レントゲンやMRIなど画像の発達などもあり、病院でこれらの検査を行われることは少なくなりました。本来ならこの検査で神経障害が疑われるものに対して、画像を撮るのが筋です。

これらの検査は、高価な器具を必要とせず、それでいて信頼性が高い検査になります。

この検査で神経痛か他の原因かを区別して、その原因に合わせて施術を行います。

これを行っているからこそ、当院では神経の問題にしっかりと効果を出すことが出来ています。

筋肉や歪みだけが坐骨神経痛の原因ではありません

なかなか治らない人は、今までに、整体あるいは接骨院などで、お尻の筋肉が硬いから、骨盤が歪んでいるから、背骨が歪んでいるから、と言われませんでしたか?

もちろんそこで筋肉を柔らかくしたり、歪みの調整の施術を受けていますよね。

それで改善しましたか?

もちろん、改善した人もいるはずです。でも、改善しなかった人もたくさんいます。

治療家の腕もありますが、そうではなく、筋肉や骨盤や背骨の歪みだけが原因ではない人がたくさんいます。

大事なのは、体の動き方です。

これについては痛みで出来ない動きを出来るようにするに詳しく書きました。

坐骨神経痛は早めの対応で17.2日で改善。しかし

当院に来院した人で、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の痛みやしびれを発症してから、一週間以内に来院された方は平均17.2日で発症前の健康な状態まで回復しています。

これは高い数値だと自負しております。

ですが、実は治りにくい人もいます。

本当は患者さんにとってのメリットだけを書きたいのですが、実際に当院に来院する人は、他で改善しなくて紹介で来る方がほとんどなので、そんなに単純なものばかりではありません。

坐骨神経痛を長く患うと治りにくくなります。

発症から1カ月以上経過している人の場合は、違和感は残るが日常生活に支障が無い状態まで回復するのに40.4日。1年以上の場合は、半減するまでに71.8日かかっています。

平均なので、中には短期間で症状が回復した人もいますが、全体で見ると発症からの時間が経過すればするほど、回復まで時間もかかるようになります。

その理由の一つは、長期間痛みを感じていたことで、脳が痛みを学習してしまったからです。

しかし、私の経験では、症状が「痛み」や「しびれ」だけなら、ある程度長い期間患っていても、正しい対応を行えば予後は良好であることが多いです。

筋力低下や麻痺があるとさらに厄介

治りにくい状態がもう一つ。こちらの方はもっと厄介です。

顕著な筋力低下と麻痺がある場合です。

筋力低下とは、力が入らなくなることです。

麻痺は感覚が低下、あるいは消失することで「しびれ」とは違います。

しびれとは、ピリピリ、ジンジン、チクチクといった感覚が「ある」状態です。麻痺とは、しびれを含めた感覚や触った感触などが「ない(または鈍い)」状態です。(歯医者で麻酔を打ったことがある人は、その感覚が麻痺です。)

「筋力の低下」は運動神経が機能していない状態で、「感覚がない」と言うのは、感覚を伝える神経、あるいは感覚を受け取る部分の脳が機能していない状態を示しています。

使っていない筋肉が衰えるように、使っていない神経(脳)も衰えます。

しかし、この場合も、時間はかかりますが、神経生理学に基づいた対処をして、下に書いてあるように栄養をしっかりとることで、元の状態とまでは行かないまでも、現状より改善する場合も多くあります。

坐骨神経痛の改善には栄養も大事

例えば、神経障害で病院を受診すると、ビタミンB群を処方されます。神経細胞を修復するためには、ビタミンB群が必要だからです。

しかし、ビタミンB群はアルコールやジャンクフードによって吸収が邪魔されます。

つまり、いくらビタミンB群を摂ってもアルコールやジャンクフードをたくさん摂っていたら効果がありません。

さらに、ビタミンB群はセロトニンやドーパミンと言うホルモンを作るために必要な栄養素です。これらのホルモンは痛みを抑える働きもあります。

セロトニンやドーパミンは薬では補給できません。必要な栄養素をとり、体内で作るしかありません。こういったことは、病院や他の治療院では教えてくれません。

料金について

初回の検査や説明に納得していただけなかった場合は、料金は頂きませんが、施術を受ける場合は以下の料金がかかります。

ホームページを見て」と言って予約をとると
以下の該当する割引が受けられます。
平日10~16時:初回6,500円 ➡ 5,000円
上記以外の時間帯: 初回6,500円 ➡ 5,500円
2回目以降は4,500円

※説明だけ受けて日を改める場合は、再び検査から行いますので、通常の初回料金になります。この場合、初回割引は適応されません。

料金について高いと思われる方もいるかと思います。しかし、病院や接骨院(正確には神経痛に対しては病院以外で保険は使えません)、整体院に何回も何ヶ月も通って、大きい金額を払ってきても改善していない人も多いです。

決して慢心しているわけではありませんが、当院ではそのような方の症状も改善されています。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。