ヨガの最中に首を痛めました

改善するまでの施術回数:2回

30代女性/主婦/運動:たまにヨガ

主訴:首全体の痛み

症状が出た時の状況

久しぶりにヨガ(紐を使ったヨガ)をしている最中に首に違和感を覚えた。その時は首がまだ動かせていたので、最後までヨガを行った。徐々に痛みが強くなり、夜には首が全く動かせなくなった。寝た状態でどんな姿勢をしていても痛みが出るのであまり寝れなかった。

翌朝になれば少しは楽になるかと思っていたが、さらに痛みは強くなっていた。首だけではなく肩甲骨辺りまで痛みがある。

夜にYouTubeで、首の痛みをとるストレッチの動画を見ながら腕や肩甲骨を動かしたそうですが、それで悪化した気がすると仰ってました。(本当にそのストレッチが悪影響を及ぼしたかどうかは判断できません。)

痛みの強さ(10が最大で日常生活困難):10

見立てとアプローチ

首を動かすほとんどの動きで痛みが出る。唯一、上だけが他の動きより動かせる。

首を触れると、首の下部で熱が感じられる。特に左側に強く熱を感じたので、左側の筋肉を痛めたのかと最初は思いました。しかし、クライアントさんには座ってもらったまま、気になる部分を少しずつ調整していくと、最初に検査した時に痛みが出た動きとは違う動きで痛みが出るようになりました。おそらく、損傷した筋肉をかばうために、最初に痛めた筋肉以外の関節や筋肉に負担がかかり、症状を複雑にしてしまっていた可能性が考えられます(もしかしたら最初に行ったYouTubeのストレッチが悪かったのかも)。

新しく現れた痛みが出る動作は、首を右に倒す、右を向く、下を向くです。その他の動作は、痛みを伴いながらも最初より大きく動かせるようになりました。また、腕を大きく動かしていくと首に違和感を感じるというので、肩甲骨から首を繋ぐ筋肉に異常が起きていることも伺えます。

まずはイスに座ったまま首に影響を与える腕や足を調整してから、首の筋肉と関節を調整しました(この間、アイシングをしています)。すると少し可動範囲が増えたので、今度はベッドにうつ伏せに寝てもらい背骨を腰から首まで調整。本当は仰向けで首を調整したいところですが、今の状態で仰向けで寝てしまうと、おそらく起き上がれなくなると思い(本人も「たぶん起きれなくなる」と仰っていました)、後はキネシオテープを付けて初回は終了。来た時よりも可動範囲は広がっていたので、上手く調整できたと判断しました。最後にテニスボールを使ったストレッチを指導しました。

2回目(2日後)、本人曰く、布団で寝れるようになったし、痛みも減ってきている、とのこと。首の動きの検査をすると、まだ右に倒す時に痛みが強く出ます。それ以外の動きは違和感はあるものの、大きく動かせるようになっていました。

この日は、前回出来なかった仰向けでの首の関節の調整と、痛めた筋肉の調整を行いました。施術後は首を右に倒せるようになり、違和感が残る程度になりました。ただ、急に首に力が入ってしまった際には痛みがでます。これは痛みた組織の傷がまだ塞がっていないからです。気を付けて動かせば痛みは出ないので、あとは時間が解決してくれると判断して、今後の注意点を指導して終了。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。