股関節の痛み

股関節の痛みは、主にソ径部に出る痛みと、側面に出る痛み、お尻の真中から下部の痛みに分けられます。それぞれ原因が違います。

ソ径部に出る股関節の痛み

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)といい、股関節前面(ソ径部)やその周辺に痛みを出します。サッカー選手に多い症状と言われています。ソ径部に繰り返し負荷がかかることで筋肉が弱り、骨盤の安定性の低下や、体幹と下肢の協調性に問題が生じることが発症の要因になります。以下の図の赤い範囲に痛みが出ることがあります。

ソ径部の痛みこの場合、主に問題を起こしている可能性がある筋肉は腸骨筋(下図:図は右側の筋肉です)です。この筋肉の働きは股関節を曲げる、股関節の外旋(つま先を外側に開く)、骨盤の前傾(骨盤を前に倒す)です。特に股関節の過剰な外旋で痛めることがあります。ボールを足の内側で蹴る時に過剰な負荷がかかりやすく、これが前述のサッカー選手に多い理由です。

股関節痛

側面に出る股関節の痛み

この部分に出る痛みは、ランナーに多く見られます。中殿筋や小殿筋、大腿筋膜張筋といった筋肉が問題を起こしている可能性があります。特に中殿筋は骨盤を安定させるために重要な筋肉です。片足立ちをした時に、骨盤や腰が足を上げていない方へ寄る場合は、この筋肉の低下が考えられます。大腿筋膜張筋は膝の捻じれ(つま先が内側へ入る)の影響を受けるため、膝の痛みや違和感を伴っている場合があります。

 

お尻の真中から下部に出る股関節の痛み

この部分の痛みの原因となる可能性がある筋肉はたくさんあり、ハムストリングス(太ももの後ろ側)、梨状筋、中殿筋、小殿筋、大殿筋など考えられます。骨盤の歪みの影響で問題を起こしやすい筋肉です。足を組んだりすることが多い人は注意してください。

その他にも股関節自体の変形も痛みの原因になります。

中央林間カイロでの股関節痛への対処

炎症が起きている場合は、まずはアイシングで炎症を抑えます。弱化している筋肉に対しては筋肉がちゃんと働くように促通させ、緊張を起こしている筋肉に対しては緩めます。これだけでは一時的な効果になってしまうので、下肢と体幹の運動の協調性を高めるようなアプローチもします。問題を起こす筋肉や関節は、股関節周辺だけではなく背骨や骨盤にも及ぶので全体的な調整を行います
股関節には歩行時の一側下肢立位時には体重の約6倍の負荷がかかります。そのため、痛みを我慢し、不適切な関節の使い方を繰り返していると、関節軟骨の摩耗や骨の変形を起こしかねません。出来るだけ早く対処することがとても大切です。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。