30代女性/職業:主婦/運動していない

主訴:まぶしい

お母様からのご紹介で来院。

症状が出た時の状況

1ヶ月半くらい前から、外に出るとなんとなく眩しいな、と感じるようになった。最初はあまり気にしなかったが、晴れた日に外にいると眩しくてクラクラするようになった。子供(11ヶ月)の夜泣きがひどく、あまり寝られない日が続くと特に強く感じる気がするので、自律神経が乱れているのではないかと思っている。その他に、しょっちゅう抱っこしているせいか、肩や首が痛い位に凝っていると言います。

症状の強さ(10が最大で日常生活困難):6

見立てとアプローチ

目に取り込む光の量を調整しているのは瞳孔です。通常、明るい場所では瞳孔が収縮して光を取り入れる量を減らし、逆に暗い所では瞳孔を広げて光を多く取り込もうとします。つまり、眩しいということは、瞳孔が開いたまま、たくさんの光を取り入れてしまっている可能性があります。

ペンライトを使って、目に光を当てると、右に比べて左の瞳孔が反応(目に光が当たると、光の量を調節するために瞳孔が縮む反応が起こります)が悪いのが分かります。本人も、そう言えば左の方が眩しい気がすると言います。

瞳孔の調節は自律神経の役割です。瞳孔を開くのは交感神経の作用で、閉じるのは副交感神経の作用になります。なので、交感神経が過敏か副交感神経の働きが低下しているかになります。

子育てで不眠が続いき、生活習慣が乱れているということなどからも、やはり自律神経のバランスが崩れてしまっている可能性が考えられます。それともう一つ気になったのが、首の下の方の歪みが強いことです。子供を抱っこしたりすることで、下を向くことが多くなっているのが原因かもしれません。実は首の下の方の背骨の両脇には交感神経の集まりがあるので、ここへの負担が交感神経を刺激していることも考えられます。

首の歪みの調整と、呼吸、体液循環の調整を行いました。それと、自宅で出来る簡単なセルフケアを指導。

2回目(7日後)、肩と首は以前より良くなったが、まだ眩しい。3回目(初回から15日後)、肩と首はだいぶ楽になった。眩しさも減ってきた気がする。4回目(初回から28日後)、前回の後、調子が良かったが、2,3日前から眩しく感じることが多くなった。肩と首も凝っている。5回目(初回から40日後)、最初の頃より良くなった。症状の強さ:2~3

完全に症状が無くなったわけでありませんが、月に1回の調整と、指導したセルフケアを行うことで現状を維持することが出来ています。