【大腿神経痛】歩くと太ももの前側が痛い

改善するまでの施術回数:3回?

70代女性/仕事:-/運動:-
主訴:両足の太ももの前側の痛み

痛みが出た時の状況

4ヶ月くらい前から足に違和感が出だした。1ヶ月前から、杖をつかないと歩けなくなるまで悪化。病院で検査を受ける。大腿神経痛の可能性があるとの診断。病院で電気治療やマッサージを受けるが良くならない。以前、別の症状がカイロプラクティックで劇的に良くなったらしく、当院にお越しくださいました。

痛みの強さ(10が最大で日常生活困難):8

見立てとアプローチ

初回は杖をついて来院。院内を歩く時は、非常にゆっくりで周りの壁などを伝って歩くというような状況。ソ径部から太ももの痛みが最も強いが、脛のあたりにも痛みや違和感がある。

検査をしてみると、知覚に異常は見られない。筋力検査では両足の母指に力があまり入らない。うつ伏せで寝た状態で、膝を曲げ、さらに股関節を後ろに反らしていくと、太ももの前側の症状が再現される。

検査結果を踏まえ、太ももの前側の症状は腰の神経2番、3番の障害だと考えます。脛に関しては腰の神経5番の障害だと考えられます。

障害部位がほぼ特定できたので、その部分の負担を取り除くように腰部と下肢を調整して、再度、歩行を確認してみました。すると、スラスラと杖を使わずに歩けるように。左側はほとんど痛みはないが、右の太ももの前と膝辺りに痛みはある。初回はこれで終了。

2回目(初回から3日後)。杖は使わず来院。歩行の速度も悪くない。しかし、ソ径部と太ももの前には痛みが残っている。特に長時間の歩行はまだできない。

3回目(初回から6日後)。杖は使わず来院。 ソ径部にまだ違和感が残っているが、歩くのはずいぶん良くなっている。翌日、遠出をする予定だそうです。

まとめ

その後、ご連絡がないので最終的な状況の確認は取れません。ただ、検査で見えてきた原因の可能性がある、腰の神経の2番、3番に対してアプローチすることで、しっかりと効果が出ました。やはり検査がとても重要ですね。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。