40代女性/仕事:デスクワーク/運動していない

主訴:手(指)のしびれ

手のしびれ

しびれが出た時の状況

2ヶ月くらい前から、ほぼ毎日、寝ていると、指がしびれるようになった。最初は左手だけだったが、たまに右手にもしびれが出るようになった。しびれは、主に親指~中指の3本だけど、たまに薬指と小指にもしびれが出る。同時に全部の指がしびれることはない。仕事でスマホを1日に4,5時間使う。

整形外科でレントゲンを撮り、頚椎の問題だと言われる。鍼灸や接骨院に通ったが、症状は一向に良くならない。

見立てとアプローチ

まずは本当に頚椎の問題かどうか、整形外科学的検査と神経学的検査を行いました。結果、頚椎の神経障害を疑わせる反応はありませんでした。そうなると、頚椎以外のどこで神経が障害されているか調べる必要があります。手のしびれの場合、考えられる障害部位は、手首、肘、胸(鎖骨下)、首(鎖骨上)です。これらを一つ一つ検査していきます。すると、胸(鎖骨下)の部分での検査に陽性反応が出ましたので、この部分の障害の可能性を考えて施術を行います。

この部分で神経が障害される場合、胸の筋肉の問題だったり、撫で肩で鎖骨が下がっていること、などが原因になります。この女性の場合は、撫で肩ではなく、鎖骨の下や胸と腕の境目辺りの筋肉を押すと、強い痛みが出るので、胸の筋肉の問題の可能性が高いと考えました。

施術は、この筋肉を緩めて、肩が丸まらないように姿勢を整えて、胸の筋肉のストレッチを指導して初回は終了。

2回目(3日後)、少ししびれが減った。右手はしびれが出なくなった。検査をすると、まだ胸の部分での圧迫が疑われるので、1回目と同様に施術。3回目(初回から6日後)、しびれが出ない日があったが、まだしびれる日の方が多い。右手は出ていない。4回目(初回から10日後)、前回の翌日から昨日までしびれが出なかった。5回目(初回から14日後)、しびれが出ない日が多くなってきた。しびれが出ても、以前より弱い。

毎日のように出ていたしびれが、出ない日の方が多くなってきていることから、やはり、胸の部分の神経圧迫が起きていたようです。鍼灸や接骨院では、手首や肘、首に対処していたようですが、胸の部分はなにもしていなかったそうです。ご本人も、だから良くならなかったんだね、と納得していました。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。