1年に1%減少する筋肉-肩こりや腰痛を治すなら整体より運動

その他のコリや痛み, 生活に役立つ情報

肩こりや腰痛になると、整体やカイロプラクティック、マッサージに駆け込む人も多いと思います。私が言うのもなんですが、肩こりや腰痛の改善に一番効果的なのは運動です。そうだけど、それなら、整体やカイロプラクティックに行く必要はないんじゃない?ってなると思いますが、もっと上手く利用して、肩こりや腰痛にならずに快適な生活を長く続けましょう。

※この記事は個人的な考えを含んでいます。

肩こりや腰痛を治す方法は運動が一番

肩こりや腰痛になる理由は、同じ姿勢ばかり続けて体が歪んでしまったり、筋肉が硬くなって血流が悪くなるからです。たしかに、整体やカイロプラクティックの施術で、姿勢を改善したり、筋肉を緩めることができますが、それよりも、適切な運動の方が良く、効果も持続します。もちろん、一度、運動しただけで肩こりや腰痛が治ることは少ないですが、それは、整体やカイロプラクティックも同じで、一時的に改善することはあっても、定期的に通わなければ効果を維持できません。

肩こり腰痛に効果的な運動は?

では、どんな運動が良いのか?と言うことになると思いますが、出来るだけ体全体を使った運動がお勧めです。

個人的には水泳をお勧めしています。泳ぎ方は背泳ぎが一番。肩を大きく後ろに回すことができて、肩甲骨周りの筋肉を使い、胸の筋肉も伸ばすことが出来るので、猫背の解消になります。また、腰も反り難いので腰への負担もかかりません。さらに、水圧で適度に筋肉に負荷がかかり筋力もつきます。

年配の人で、普段あまり運動していなかった人には、まずはラジオ体操や水中ウォーキングを勧めます。ラジオ体操も、しっかり行うと、意外と大変なんですよね。これなら家でも出来るし、天候を気にする必要もありません。水中ウォーキングは、大股で歩き、腕を大きく振って水圧を受けながら行うと効果的です。

他には、エクササイズ系の運動で、エアロビクスやダンスなども良いと思います。

ヨガはどうですか?と聞かれることがありますが、これは、その人の筋力次第です。ヨガは特殊な動きやポーズをとりますよね。ですが、そのポーズで体を支えられるだけの筋力がないと、それは体への負担になって返ってきます。実は、当院に肩こりや腰痛で来る人の中には、ヨガをしている人が少なくありません。しかし、ある程度しっかりと筋力がある人にはとても効果的だと思います。

運動の効果をしっかりと出すには、楽をし過ぎないこと。例えば、ウォーキングを30分したとしても、息も切れないし、汗もかかず、全然疲れていない、と言うのでは強度が低すぎて効果がほとんどありません。せめて、汗がジワッと出てくるくらいまで体温が上がるような運動をしてください。

腰痛予防のためにお尻の筋肉を鍛えるなら、以下の記事で書いたトレーニングがお勧めです。
腰痛はお尻を鍛えることで改善できる

しない方が良い運動

鍛えることが目的ではないので、動けなくなるまで体を追いこんだりする激しい運動はお勧めできません。

腰痛の人には、自転車やエアロバイクは勧めていません。理由は、前傾姿勢が長時間続き、腰の筋肉が硬くなるのと、大腰筋(お腹の奥にある筋肉)と言う腰に痛みを出す筋肉が疲労しやすいからです。また、肩こりの人でも、自転車をこいでいる最中に下ばかりを向かないように注意してください。ゴルフも腰痛改善のために行うことは勧めません。

前かがみになったり、前かがみにならなくても股関節を曲げた姿勢で長時間行う運動は、腰への負担や大腰筋への負担で腰痛を引き起こすので控えた方が良いでしょう。

整体を上手く利用する

すでに肩こりや腰痛で辛い人は、まず、整体やカイロプラクティックで筋肉や関節を整えてもらうと良いでしょう。通い方の目安は、週に1、2回のペースで5回位受けてください。これくらいのペースで施術を受ければ、ちゃんと知識や技術のある整体院なら、しっかりと効果を出してくれると思います。そして、体がある程度楽になったら、今度は自ら体を動かして運動を開始してください。そうすることで整体で整えた体を、長期間に渡って維持することが出来ます。そうは言っても、仕事や私生活での体の使い方に偏りが生じます。それはいずれまた肩こりや腰痛になりますので、1,2カ月に1回位のペースで整体で体を整えるようにしてください。

肩こりや腰痛で、整体やカイロプラクティックを利用される場合は、この様な受け方をお勧めします。

お金があるからと言って、整体だけに頼るのはNG

「運動は嫌。お金はあるから整体に毎日通えば良いでしょ」

毎日、通っていれば、肩こりや腰痛にならないのでは?と思うかもしれませんが、若いころは良くても、歳をとると、それでも肩こりや腰痛になるのでお勧めできません(治療院側としては嬉しですが)。なぜかというと、意識的に筋肉を動かしていないから。筋肉は使わないと、弱っていきます。20歳を超えたあたりから、筋肉は放っておくと、年に1%減少すると言われています。筋量が減れば、骨格を支えるための負荷がどんどん増えていきます。そうなるとすぐに疲労してしまうので、肩こりや腰痛になります。

とにかく、運動をして筋量を常に保たなければ、将来確実に、体への負担が増えます。だから、整体やカイロプラクティックだけで、なんとかしようと考えないでください。やはり、何よりも運動が健康維持のためには有効です。

まとめ

以上のように、肩こりや腰痛を本気で治したいなら運動は欠かせません。当院では、肩こりや腰痛の人には、まずは施術で体を整えて、それからは運動を行うように、皆さんにお勧めしています。なかなか、実行に移すことが出来ない人が多い中、ちゃんと運動をするようになった人は、みなさん肩こりや腰痛にならなくなったと言います。最初は大変ですが、運動を習慣づけられるよう、あなたに合った適切なアドバイスも行います。もし、自分一人ではどうすればいいか分からない人は、お気軽にご相談ください。