腰痛解消のためのストレッチ集

本当なら、腰痛は凝った筋肉を揉んだりストレッチしたりしても、今までと同じように腰に負担をかけてしまっては、同じことの繰り返しになります。

なので、根本的な改善をしたいなら、運動などが欠かせません。
【ぶっちゃけ】肩こりや腰痛になりたくないなら整体より運動

しかし、腰が痛いまま姿勢を正したり、生活習慣を改善しようとしてもなかなかうまくいきません。

まずは、凝ってしまった筋肉をほぐしてから、次の腰痛を発生させないように、姿勢や生活習慣を改め、運動をしましょう。

ここで紹介するストレッチは、あくまで対処療法になりますが、知っておくと便利です。ぜひ試してみてください。

テニスボールを使ったストレッチがいくつかあります。テニスボールがあるととても便利ですのでぜひ用意してください。

体を前に倒すと痛くなる腰痛に効くストレッチ

体を前に倒した時に強くなる腰痛の原因は、ほとんどが体の背面に問題があります。(この理由については、こちらの腰以外の筋肉が腰痛の原因になる【腰に触れずに腰痛は治る】で書いています)

なので、腰だけではなくて、腰に負担をかける背面の筋肉のストレッチをご紹介します。

腰の筋肉を緩めるストレッチ

この腰の痛みに対するストレッチは、テニスボールを2個使います。あとは寝転がるスペースがあればどこでも出来ます。

下の写真のように、背骨を挟むようにテニスボールを2つ置いてその上で寝ます。

あとは、ボールの位置を上下に動かしたりして、気持ちいい所を見つけたらそのまま1、2分テニスボールを押し当てます。

ボールがバラバラになってどこかに行ってしまうという時は、靴下の中に入れて行うといいと思います。

床の硬さや、膝を立てたり伸ばしたりすることで腰への刺激が変わるので、自分で調整しながらやってみてください。

※注意:やっている最中に痛みがひどくなるようでしたら。このストレッチはしないでください。またやり過ぎても痛みが出る場合があるので、最低でも2,3時間、間隔を空けて行ってください。

セルフストレッチ-腰痛

お尻の筋肉を緩めるストレッチ

写真のように、痛気持ち良いと感じる場所を探して、お尻の下にテニスボールを置いて寝ます。骨に直接当たらないように注意してください。

お尻の筋肉にこのストレッチを行う場合は、テニスボールは1つです。左右交互に行ってください。

やり方は、上のやり方と同じです。

お尻のストレッチ

ふとももの後ろのストレッチ

お尻の下にテニスボールを置いてイスに座ります。

テニスボールを置く場所は、坐骨の少し前です。

テニスボールを入れた状態で、膝をゆっくりと伸ばして、テニスボールの部分の刺激が強くなるようでしたら置く場所が合っています。もし、刺激が強くならなければ場所を少し動かしてみてください。

イスの硬さによって刺激が変わります。柔らかすぎるイスだと効果がありません。

やり方は、上の2つと同じです。

ふくらはぎと太ももの後ろ側のストレッチ

このストレッチの方法は、メディカルストレッチングというやり方です。

写真のように床に座り、片方の膝を曲げ、つま先を持ち、身体の方に引き寄せます。この状態で30秒ほど伸ばします。

膝を曲げている左足のふくらはぎと太ももの裏(ハムストリングス)をストレッチしています(伸ばしている、右足のストレッチではありませんので注意) 。

反対側も同じようにして行ってください。

腰痛ストレッチ

続報をお待ちください

ストレッチを徐々に増やしていく予定ですのでお待ちください。

治療院紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

慢性的な肩こり