セルフストレッチ-腰痛編

ストレッチ

腰痛は、凝った筋肉を揉んだりストレッチしたりしても、今までと同じように肩に負担をかけてしまっては、同じことの繰り返しになります。しかし、腰が痛いまま、姿勢を正したり、生活習慣を改善しようとしてもなかなかうまくいきません。まずは、凝ってしまった筋肉をほぐしてから、次の腰痛を発生させないように、姿勢や生活習慣を改めましょう。 このストレッチは、あくまで対処療法になりますが、知っておくと便利です。ぜひ試してみてください。

テニスボールを使って腰痛解消

今回の腰の痛みに対するストレッチは、テニスボールを2個使います。あとは寝転がるスペースがあればどこでも出来ます。 セルフストレッチ-腰痛 上の写真のように背骨を挟むようにテニスボールを2つ置いて、後はその上で寝ます。あとは、ボールの位置を上下に動かしたりして、気持ちいい所を見つけたら、そのまま1、2分テニスボールを押し当てます。ボールがバラバラになってどこかに行ってしまうという時は、靴下の中に入れて行うといいと思います。 床の硬さや、膝を立てたり伸ばしたりすることで腰への刺激が変わるので、自分で調整しながらやってみてください。 注意:やっている最中に痛みがひどくなるようでしたら。このストレッチはしないでください。またやり過ぎても痛みが出る場合があるので、最低でも2,3時間、間隔を空けて行ってください。