バイクに乗ってたら腰が痛くなった。大和市中央林間の整体

少し前のことですが、腰を痛めました(TT)

バイク(中型:スポーツタイプ)で2時間ほど走って、降りた時から左腰の少し上部の図の赤い範囲辺りに痛みが出ました。最初はたいした痛みではなかったのですが、時間が経つにつれて痛みが強くなり、普通に歩いているだけでも痛みがありました。

意外かもしれませんが、自分が腰痛になってもすぐに対処しません。翌日くらいまでは様子を見ます。理由は・・・特にありません。案の定、腰痛は改善せず、痛みは強いまま。さらに放置すると仕事にも影響が出そうなので、なんとかしようと思いました。

腰痛

まずは痛みの原因を探ります。体を左右どちらに倒しても悪化しますが、右に倒した際の方が痛みが強い。体を左右どちらに捻じっても悪化しますが、左に捻じった方が痛みが強く。前屈、伸展では痛みはあるものの悪化はしない。患部を押しても特に圧痛などはありません。動作から、まずは腰方形筋と言う筋肉の問題を疑って、対処してみました・・・が全く変化しない??

正直、腰方形筋の問題だと思っていたので、アレっという思いでした。今度は腰部を触れながら傾聴(体の声を聞く)してみます。すると、ある部分に強く引っ張られるのを感じました。ちょうど体の側面の肋骨の直下(図:白△)。その部分を押すと、患部の痛みが増強します。この部分がトリガーポイントになっていました。

トリガーポイントとは文字通り「引き金」になる部分のことです。トリガーポイントの部分は硬いしこりのようになっている場合が多く、刺激することで痛みが誘発されます(関連痛)。これは患部とは離れた場所にあることが少なくない(むしろ多いかも)。痛みが誘発される理由は、筋膜の繋がりによるものです。最も体の遠くまで飛ばすことで知られているのはヒラメ筋という、ふくらはぎの筋肉でその関連痛は同側の頬に出ます。トリガーポイントによる関連痛が起こる場所と言うのは、おおよその痛みの出る場所と問題を起こしている筋肉がチャートにされています。

では、私の腰痛を引き起こしていたトリガーポイントはどこかと言うと、場所的に考えると内腹斜筋が外腹斜筋、あるいはギリギリ広背筋が入るかな。しこりがけっこう表面にあったので外腹斜筋か広背筋だとは思います。関連痛のチャートを考えると広背筋が有力。内腹斜筋や外腹斜筋であればお腹か体の側面あたりに出ると思います。広背筋は腕の骨に付いているので、腕を動かせば悪化しそうなものなのにそれは無かったんですよね。痛みの悪化する動作から考えたら外腹斜筋の方がしっくりくる。でも、バイクに乗っていた姿勢を考えれば、広背筋が問題を起こす可能性も十分考えられる。この部分はちょうど筋肉が重なっているので、それぞれが影響しあうことがあっても不思議ではないのかな。それに必ずしも人の体の問題は教科書通りと言う訳にもいきません。臨機応変に対処する必要があります。

とにかく問題部位が分かったので、トリガーポイントを緩めてみたところ、痛みが少し減って体を動かしやすくなりました。あとは無理はしないけど、出来る限り普段通りに体を動かしながら生活をしました。翌日の午前中まで痛みは残りましたが、午後になってからグンっと痛みは減りました。

めでたし、めでたし。

 

治療院紹介

大和市の中央林間で10年以上続く整体院です。どこに行っても治らない体の問題でお悩みならご相談ください。本気で改善したい人には向いていますが、気持ち良さを求めている人に向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。