足の脛から足の指にかけての痛みを自分で治してみました

椎間板ヘルニア, 神経痛

足の痛みやしびれの相談をたくさん受けます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されている人も、たくさん施術してきました。

痛みは主観であるため、本人しか分かりません。神経痛の人をみていると、表情や動作などから、相当な痛みなんだろうと想像はできますが、それが実際にどのくらいの痛みかは本人にしか分かりません。

私も、そんな風に想像することしかできませんでした。

座っていると右の脛から足の指に焼けるような鋭い痛みが

一人で経営している治療院なので、施術だけでなく、経理やホームページ管理なども自ら行っています。すると、デスクワークもそれなりの時間しなければなりません。

半年ほど前、デスクワークをしていると、右足の脛から足の指(図の赤い部分)にかけて、焼けつくような鋭い痛みが襲ってくるようになりました。この痛みは、本当に不快で耐え難い痛みです。

仕事柄、常に前かがみでいることが多いので、それが腰に負担をかけていたんだと思います。

さすがに「これはまずい」と、思いました。

治療家をしているので、痛みを放置することが、将来的に取り返しのつかない状況になる可能性があることを知っています。なので、とにかく早く手を打つことに。

立って体を右に倒すと痛みが増強。前屈でも痛みが増強。感覚も鈍くなっているので、神経痛の可能性が高いと判断。その他にも自分で行える検査をしてみた結果、下部腰椎に原因がある可能性が非常に高い。

もし、この状態で整形外科に行ったら「腰椎椎間板ヘルニア」という診断が下っていたかもしれません。ただ、整形外科には行きませんでした。理由は、整形外科に通っても治らない人たちを、いままでたくさん施術してきましたから。それに、もし一刻を争うような状態であれば、それも知識として知っているので、今はまだそのような状態ではないことも分かっています。

セルフ治療

問題の部位がある程度、特定まで出来たので、その部分の歪みをとるような運動をしてみました。すると、体を右に倒したり、前屈しても、痛みが強くならなくなりました。このことからも、原因の場所は間違いなさそうです。

それに加えて、腰の筋肉をテニスボールでほぐし、腰部の血液循環が良い状態を保てるように、セルフストレッチ。その時にやっていたテニスボールのストレッチはコレ。

写真のようにテニスボールを2つ並べて、あとはその上に寝て90秒間押し当てるだけ。床の上でやれば刺激が強くなります。ボールを靴下に入れると、バラバラになりません。同じようにボール1つをお尻の下に入れればお尻もほぐせます。

腰痛ストレッチ

これらのセルフ治療を、毎日つづけました。すると、痛みは徐々に軽くなってきました。1週間後には、長時間のデスクワーク作業をしない限り、痛みが出ない所まで回復。

3週間くらいセルフ治療を続けていたら、痛みはほとんどなくなりました。

現在は痛みはありませんが、腰が疲れたなと思ったら積極的にストレッチや運動をして、腰の負担をリセットするように意識しています。

下降性疼痛抑制系

それと、実はこの時、他にも試してみたことがあります。それは下降性疼痛抑制系の賦活で痛みの度合いが変化するかというもの。

簡単に下降性疼痛抑制系を説明します。脳幹(中脳・橋・延髄)と呼ばれる場所から、脊髄に向けて痛みを抑制する神経の経路があります。この活動が上がることで、脳へ伝わる痛みを制限してくれます。手術や癌の痛みのコントロールなどに使われるオピオイド系の医療用麻薬も、この部分に作用して痛みを押さえています。

当然ですが、薬は使えません。薬を使わずに下降性疼痛抑制系を活性化させるには神経学の知識が役に立ちます。とある動作で脳幹を刺激することで、痛みが紛れる感じがありました。もちろん、薬に比べれば効果は低かったのですが、それでも変化がありました。

これも、今までは机上の知識だったのものが、自ら体験することが出来ました。痛みは辛かったですが、自ら体験することで、とても良い勉強になりまいた。

とにかく痛かった

良い悪いはおいといて、何事も経験しなければ分からないですよね。

今まで、神経痛は想像しかすることができませんでした。ですが、やはり想像なので、実際の神経痛の痛みを理解できていませんでした。とにかく不快な痛みでした、それが一日中続くこともあるのです。本当に嫌になります。

しかし今は完全に治ったので、ある意味、良い経験になったと思っています。そして、やっぱり、早く対応すると改善も早いということが実感できました。