脚長差(脚の長さの違い)があるのは悪いこと?大和市中央林間の整体

身体の見方

カイロプラクティックや整体に行くと、脚の長さの違い(以下、脚長差)について指摘されることがあります。私もクライアントさんの脚の長さを見て、左右での違いを伝えます。脚長差はなにを意味しているのでしょう? そもそも、脚長差は無い方が良いの?

脚長差はなぜ出来る?

脚長差がある理由は大きく分けて2つ。

  • 解剖学的なものによる脚長差
    解剖学的なものとは、生まれつきによる骨の形の違いや、外傷(骨折など)によるもので、構造そのものに左右で差が生じているものです。当然、この場合は、カイロプラクティックや整体などの手技で構造自体を変えることは出来ないので、脚長差をなくすことはできません。
  • 機能的なものによる脚長差。
    機能的なものとは、生活習慣などの体の使い方の癖などによって、筋肉のバランスや関節の位置がズレてしまい起こるものです。カイロプラクティックや整体などの手技で変化させることが出来るのはこちらです。

この2つが脚長差が生まれる理由です。

脚の長さの違いを引き起こす要因は?

いろいろあります。要因は頭の天辺からつま先まで、あらゆることが考えられます。例えば首が傾いているとします。人は左右の目の高さを合わせ、目線を真っ直ぐにしようとしますので、首の傾いた分は、肩だったり、腰だったり、骨盤だったり、他の部分で補正して目線を合わせます。 勉強や仕事、運動に家事に育児というのは、どうしても同じ動作の繰り返しで、左右でその行動のし易さが違います(利き腕、脚、目)。体の使い方で左右差があれば、当然、左右のバランスに違いが生じ、それが脚の長さに影響が出ます。 要因を上げ出したらキリがありません。

つまり左右のバランスの違いによって起こるわけですが、とりわけ骨盤の歪みによる影響を大きく受けます。骨盤の歪みによってどういった脚長差が生まれるかは以前書いた「骨盤の歪み」をご覧ください。

脚長差があることは悪いことなの?

私のところに来る方の中にも、脚長差を気にされている方が少なくありません。そして、ほぼ全ての人に大なり小なり脚長差があります。これはいけないことなのでしょうか? 私は数mm~1cm程度の脚長差はあって当然だと考えています。

前述したように、足の長さの違いは、体の癖や使い方の影響を受ける訳ですが、この癖とは、悪いことばかりではありません。動作を繰り返し行えば、徐々にその動作はし易くなります。これは、最初のうちは慣れず、ぎこちない動作で余計なところに神経命令が行われていたり、効率のよい体勢などが分からないからです。しかし、同じことを繰り返すことで、神経命令や体勢などが最適化され、もっとも効率の良い動作を行えるようになります。 もしこの最適化が起こらなかったら生活が苦痛になります。 例えば、包丁の使い方にしても、初めから上手な人はいません。たくさんの料理を作ることで上達したのではたいでしょうか?もし、神経命令や体勢が最適化されなかったら、何時まで経っても、初めて包丁を握った時のようなぎこちない状態で、毎日の料理をしなければならなくなるわけです。これは相当大変だと思います。 つまり、癖と言うのは、より動作をし易くする働きもあります。そのため、癖があった方が特定の動きがしやすくなり、それにより余計な体力を使わなくて済む、と言う利点があります。

もちろん、無い方が良い癖もあります。例えば、体に痛みが出てしまうような体の使い方が身についてしまっている場合や、姿勢の癖なんかがそれだと思います。背中が丸まっている、いつも重いバックを片方の方に掛けているなど、こういった癖は出来る限り最小限にするべきだと思います。

まとめ

前述したように、動作を最適化することにより付いた癖があれば、脚長差があったとしても悪いことではありません。しかし、必要のない癖によって生じた歪みによる脚長差であれば、無い方が良いです。 ですが、生活していくうえで、全く癖が無いなんてことあるでしょうあか?私は無いと思います。つまり、多少の脚長差があって当たり前なんです。それを何が何でも左右差を揃えるように調整してしまったら、逆にバランスが崩れて、他の部分に影響が出てもおかしくありません。 だから、体を調整する場合は、外見(見た目)だけではなく、体の動き方も見たうえで行うことが大切です。