歩くだけで痛い!股関節の痛みの原因と対処法。大和市中央林間の整体

その他のコリや痛み

ソ径部の痛みは歩行に支障をきたします。股関節を曲げる際に痛みが誘発される場合が多く、歩行時に脚をぶん回すようにして代償動作をします。この状態を長期間放置していると股関節の変形にもつながります。

代償動作とは、弱っている筋肉や痛めている筋肉を正常に動かすことが出来ないため、他の部分の筋肉などを使って動作を補うことを言います。

通常歩行では、後ろに引いた脚を前に出す時は、股関節と膝を曲げることで脚を宙に浮かし、そのまま前に脚を出します。しかし、股関節を曲げるとソ径部に痛みが出てしまうので、次のような代償動作をお起こします。痛めたている方の脚を前に出す時、上半身を痛みのある脚とは反対側に傾けながら、痛めている脚のつま先を外側から円を描くようにして、股関節を出来るだけ曲げないように前に出します。

恥骨筋と腸骨筋の作用

ソ径部(股関節)に痛みを出す要因はいくつかあります。股関節の変形によるもの、関節包や靭帯によるもの、筋肉によるもの、神経によるもの。

今回は筋肉(主に恥骨筋と腸骨筋)によって引き起こされるソ径部痛について書きます。

恥骨筋

腸骨筋

作用は股関節の屈曲と内転(脚を閉じること)

腸骨筋

choukotsukin

作用は股関節の屈曲、体幹の屈曲、股関節の外旋(つま先を外側に開く)、骨盤の前傾(骨盤を前に倒す)。大腰筋とともに働く。

ソ径部(股関節)を痛める要因

恥骨筋、腸骨筋共に股関節を曲げると収縮します。そのため、股関節を曲げた状態(例えば、長時間の座り姿勢、脚を組む、脚を曲げた状態で寝るなど)が続くことで問題を起こします。

恥骨筋は内転作用が強いため、乗馬や、またがって乗るタイプのバイク、内転筋のトレーニングなど、脚を閉じるように力を入れる動作を繰り返すことで損傷することがあります。

腸骨筋の損傷はサッカーやゴルフをしている人に見られます。サッカーボールを足の内側で蹴ると、下肢全体が外旋され、股関節に大きな力がかかり負担になります。ゴルフでは右スイングの人の場合、スイングの際の体重移動がうまくできなかったり、体の捻じり方に問題があると、右側の股関節に大きな負担になります。

以上のようなことで、ソ径部に痛みを誘発します。

ほとんどの場合、繰り返し負担がかかり、徐々に筋肉を損傷して痛みを出します。

ソ径部痛への対処(私心を含みます)

恥骨筋の場合、筋肉が縮んだ状態で問題を起こしていること多いので、ゆっくり伸ばすようなストレッチで縮んだ筋肉を伸ばします。単純なやり方だと、太ももの内側にツッパリが感じられるまで脚を開いていき、その状態で30秒以上かけてストレッチを行います。

腸骨筋の場合はちょっと特殊で、通常のストレッチでは対応できないことが多いです。腸骨筋の損傷は、前述したサッカーやゴルフで痛めてしまう場合が多く、筋肉が引き延ばされる刺激が繰り返されることで損傷してしまいます。引き伸ばされて損傷した筋肉を、ストレッチでさらに引き延ばしてしまうと、その筋肉がどんどん弱くなってしまいます。そのため筋肉全体を引き延ばすような方法じゃなく、一点圧迫やポジショナルリリースといった方法で筋肉の硬さを取り除きます。そのあとに、股関節を中間位(内旋も外旋もしていない自然な位置)に保った状態で、腸骨筋の運動を行います。そうすることで、腸骨筋が自然な状態で活動しやすくなります。

※対処方法を書きましたが、これはあくまで、そういった対応をすることが多いと言うだけで、全ての人に当てはまるわけではありません。実際に状態を見たり話を聞いた結果、腸骨筋の場合でもストレッチを行うこともあります。