【歩けない】股関節の痛みの原因

股関節に痛みを出す要因はいくつかあります。股関節の変形によるもの、関節包や靭帯によるもの、筋肉によるもの、神経によるもの。

股関節の痛みは歩く時に出やすいので、酷いと、足をぶん回すようにしてしか歩けなくなります。

股関節を曲げる時に痛みが出るので、足をぶん回すようにすることで股関節をあまり曲げないようにするための動作です。

この状態を長期間放置していると股関節の変形にもつながりますので、早めの改善が重要になります。

今回は筋肉によって引き起こされる股関節の痛みについて書きます。

股関節痛

股関節に痛みを出す筋肉

恥骨筋

腸骨筋

恥骨筋の働きは股関節を曲げることと足を閉じること

腸骨筋

choukotsukin

腸骨筋の働きは股関節を曲げる、体幹の屈曲(前屈)、つま先を外側に開く、骨盤を前に倒す。

股関節を痛める要因

恥骨筋、腸骨筋は共に、縮むことで股関節を曲げます。

そのため、股関節を曲げた状態(例えば、長時間の座り姿勢、脚を組む、脚を曲げた状態で寝るなど)が続くと筋肉が固まって故障の原因になります。

恥骨筋は足を閉じる働きも強いため、乗馬や、またがって乗るタイプのバイク、内転筋のトレーニングなど、足を閉じるように力を入れる動作を繰り返すことで痛めることがあります。

意外と足を閉じる内転筋のトレーニングをたくさんして痛める人もたくさんいます。

このトレーニングをO脚を治すためだと思ってやっている人がいますが、大きな間違いです。

内転筋を鍛えてもO脚は治りません。むしろ悪化します。

理由は内転筋は、つま先を内側に捻じるように働くからなんですが、これについてはここでは詳しく書きません。ただ、内転筋のトレーニングでO脚は治らないと言う事だけ覚えておいてください。

腸骨筋を痛めやすいスポーツは、サッカーやゴルフです。

サッカーボールを足の内側で蹴ると、下肢全体が外旋され、股関節に大きな力がかかり負担になります。ゴルフでは右スイングの人の場合、スイングの際の体重移動がうまくできなかったり、体の捻じり方に問題があると、右側の股関節に大きな負担になります。

ほとんどの場合、繰り返し負担がかかり、徐々に筋肉を損傷して痛みを出します。

股関節痛への対処(私心を含みます)

恥骨筋の場合、筋肉が縮んだ状態で問題を起こしていること多いので、ゆっくり伸ばすようなストレッチで縮んだ筋肉を伸ばします。

単純なやり方だと、太ももの内側にツッパリが感じられるまで脚を開いていき、その状態で30秒以上かけてストレッチを行います。

腸骨筋の場合はちょっと特殊で、通常のストレッチでは対応できないことが多いです。

腸骨筋の損傷は、前述したサッカーやゴルフで痛めてしまう場合が多く、筋肉が引き延ばされる刺激が繰り返されることで損傷してしまいます。

引き伸ばされて損傷した筋肉を、ストレッチでさらに引き延ばしてしまうと、その筋肉がどんどん弱くなってしまいます。

そのため筋肉全体を引き延ばすような方法じゃなく、押したり揉んだりといった方法で筋肉のを柔らかくするべきです。

そのあとに、股関節を自然な位置に保った状態で、腸骨筋の運動を行います。そうすることで、腸骨筋が自然な状態で活動しやすくなります。

※対処方法を書きましたが、これはあくまで、そういった対応をすることが多いと言うだけで、全ての人に当てはまるわけではありません。実際に状態を見たり話を聞いた結果、腸骨筋の場合でもストレッチを行うこともあります。

治療院紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。