突然のバイク紹介!STREET TWIN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛車はTRIUMPH(トライアンフ)のSTREET TWINという900ccのバイクです。

・・・突然のバイク紹介(笑)

このバイク、トルクフルで、しかも乗りやすくて、街中を走っていても楽しいバイクです。身長が169cmなんですが、跨った状態で両足べったり地面につきます。しかも乾燥重量は198kgでとても軽い。

ただ、シートの下には車検証が入る程度のスペースしかなく、積載がほとんどできません。なので、少しでも積載量を増やすためにサドルバッグを取り付けることにしました。

そのためにはまず、タイヤに巻き込まれないようにするためのバッグサポートを取り付けなければなりません。そこで見つけたのがキジマのバッグサポートです。

右用:キジマ(KIJIMA) バッグサポート HTR-08005

左用:キジマ(KIJIMA) バッグサポート HTR-08006

取り付けは説明書通りに行えば問題ありません。必要な工具などは、こちらの方のブログが参考になると思います。

万が一、ステップを外す時に、クリップを紛失したり破損してしまったりした人のために補足しておきますが、このクリップは「サークリップ タイプE」と言います。

作業自体はとても簡単なので、20分もあれば左右取り付けることが出来ます。そして無事、取り付けることが出来ました。

HTR-08006

上記で紹介したブログの人も書いていますが、ヘルメットホルダーと被ってしまいます・・・orz

キジマ(KIJIMA) ヘルメットロック HTR-05006

とりあえず、ホルダーの角度を変えることで、バッグを取り付けていないときは使用できるようにしましたが、ちょっとカッコ悪いので、また、別の方法を考えるかもしれません。

HTR-05006

このヘルメットホルダーは、本来、シートの下のフレームに直接取り付けるんですが、グラブバーを付けているので、ここ取り付けました。ただ、この時に注意が2つあります。

一つは、グラブバーはフレームよりも細いため、商品に付属している保護ラバーだけでは緩くて動いてしまいます。なので、同じようなラバーをもう一枚重ねて取り付けました。

もう一つは、グラブバーに取り付けると、直接フレームに取り付けた場合より地面に近くなるため、メットがマフラーに干渉するかもしれないので、よく確認してください。僕はジェット型のメット(WINSのA-FORCE RS JET )を使っているのですが、やはりマフラーに干渉してしまっていたのであまり使ってませんでした。ただ、今回、バッグサポートを付けたことで、当らなくなりましたけどね(笑)

あとは、バッグをどれにするかですが・・・。最初は上で紹介した方と同じものを買おうかと思っていたんですが、見て分かる通りSTREET TWINのマフラーはストレートではなく、上方に角度がついています。実際に試した訳ではないんですが、バッグのサイズや、バッグサポートからマフラーまでの距離を考えると干渉するんじゃないかと言う不安があります。

なので、もっと安くい別のバッグを買ったんですが、これについてはまた今度。

・・

・・・

・・・・

突然のバイクの紹介をしたわけですが、ちょっとネタが切れてきてしまいましたので、今後もバイクやツーリング、風景写真などの趣味のネタが続くかもしれません。というより、むしろそんなのばっかりになるかもしれません(笑)

実は今年に入ってから、夏にあることしようと計画中です。それについても、おいおい紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中央林間カイロプラクティックオフィス

〒242-007 神奈川県大和市中央林間4-5-9 Coma21-201号室

コメントを残す