なぜ、背中の痛みに、胸や腕、腹筋のストレッチが効果的なのか。

背中の痛みを漠然と訴えてくる人が意外と多くいます。部分的に背中が痛い、と言うよりは、全体的に痛いと言う感じの痛み。

体を動かしてもらうと、腰を曲げても痛いし、反らしても痛い。上半身を横に倒しても痛いし、捻じっても痛い。ほとんどの動作で痛みが出ます。

しかも、意外と強い痛みを訴えてくる人が多いのでやっかい。座った状態から立ち上がる時や、寝てる状態から起き上がる時がとても辛そうです。

背中の痛み

こういう人たちは決まって、胸や腕や腹筋が硬くなっています。そして、仕事で重い物を持ったりする人が多い。

痛みの原因は、背中の筋肉の酷使です。

でも、重要なのは背中の筋肉ではなくて、実は胸や腕、腹筋など体の前にある筋肉なんです。

背中は伸ばされ続けて疲労している

重い物を持つと言うことは、前かがみになり重心が前に傾きます。すると、背中の筋肉は引き伸ばされるわけですが、どこまでも引き伸ばされ続けてしまうと前に倒れてしまうので、ある程度引き伸ばされた所で、それ以上伸ばされないように筋肉が収縮して耐えます

一方、胸や腕の筋肉はお荷物を持ち上げるため、収縮して力を出しています。そして、体幹を安定させるために腹筋を使って腹圧を高めています。

重い物を持つ作業を繰り返していると、このバランスのまま筋肉が固まってしまいます。そしてさらに酷使することで筋肉を痛めてしまい、背中に痛みが出ます。

では、このバランスの状態で、背中の筋肉を伸ばしたり緩めたりしたらどうなるでしょう?

体の前面の筋肉は硬く縮まったままなので、背中の筋肉が緩んで伸びる余裕が出来てしまうと、背中の筋肉はさらに前に引き伸ばされることになりませんか?

これはあまり良さそうではない事は何となく分かりますよね。

必ず体の前の筋肉を緩める

背中の筋肉を緩めたりストレッチするだけ、というのは何となく良くないと言うことは分かりましたよね。

ではどうすればいいかと言うと、胸や腕、腹筋を緩めて体を前方に引っ張る力を必ず取り除いてあげましょう。

背中と前側の筋肉の緩める順番は、できれば前側から緩めた方が良いのですが、背中側からでも悪いと言うことはありません。

背中の筋肉を緩める方法は、ストレッチで伸ばすようにして緩めるのはよくありません。なぜなら、背中の筋肉は引き伸ばされるようにして疲労していたからです。

体の前側の筋肉は縮んで硬くなり、背中の筋肉は伸ばされながら硬くなっていました。

体の前と後ろの筋肉は、適度な張りを保つことで、姿勢を真っ直ぐ維持できます。このバランスを崩すわけにはいきません。だから、ストレッチするように伸ばさなければいけないのは、体の前側の筋肉で背中ではありません。

では、背中側はどうするかというと、押したり揉んだりして緩めます。

一般の方が自分で対処するならこれだけでも楽になると思いますが、僕ならもう少し手を加えることで、より背中の負担を減らし、さらに予防につなげます。

その方法は詳しく書きませんが、筋肉をある状態で動かします。

もし大和市周辺で、背中の痛みでお悩みでしたら、中央林間カイロプラクティックオフィスにご相談ください。

治療院紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。