大和市の中央林間駅から徒歩約1分の整体。慢性的な腰痛や頭痛、椎間板ヘルニアによる痛みなど、いつまでも治らない症状の根本改善を目指します。

【神経系トレーニング】運動機能向上のための体幹・バランス・反応速度の強化

  • HOME »
  • 【神経系トレーニング】運動機能向上のための体幹・バランス・反応速度の強化

あなたは体幹に自信がありますか?

「鍛えてるから自信があります!」

と、言う人のバランス機能を検査してみると、安定していない人がたくさんいます。本人も検査を受けてみてビックリする人がいます。

「体幹を鍛えているのに、なぜ!?」

体幹を鍛えているという人の多くは、筋力ばかりを鍛えていて、平衡感覚を鍛えていません。もちろん、その逆の人もいます。

体がブレずに安定するためには

  • 筋力
  • 筋肉の素早い反応
  • 平衡感覚

以上の3つがバランスよく備わっていなければなりません。どれか一つでも働きが弱いと体は安定しません。

あなたは以下のことが出来ますか?

片足立ち その1

足を腰幅かそれより少し狭い位に開いて、そのままの姿勢から片方の膝を前に上げます(床から足を10cm以上離してください)。

以下に当てはまる人はお尻の筋肉や股関節の安定性に問題があります。

  1. 10秒間、片足立ちが出来なかった人
  2. 10秒間片足立ちは出来けど、体がフラフラ揺れてしまう、軸足の位置が動いてしまう人
  3. 片足立ちの際に、上げた足とは反対側に、明らかに腰が寄ってしまう人
  4. 骨盤より上が左右のどちらかに傾いてしまう人

片足立ちが問題なく出来た人は、今度は目を閉じて行ってみてください。

この時、上の1~4のどれかに当てはまった場合は平衡感覚に問題があります。

片足立ち その2 ステップダウン

片足立ちその1(開眼)、が問題なく出来た人は、次はこちらを行ってみてください。

15cmくらいの段差の上に立ち、片方の足を前へ降ろし、踵を床に付けてから戻します。降ろした足の踵は床に触れる程度で、体重はかけないで足を戻します。背中は出来るだけ伸ばし、丸めないでください。

下肢のバランス1

2

以下に当てはまる人は下半身の制御が上手く出来ていません。

  1. 骨盤が傾く
  2. 膝が過度に内側あるいは外側に折れる
  3. 足首が過度に内側あるいは外側に捻じれる

下肢バランス3

プランク

写真の姿勢で、この状態を30秒間キープしましょう。出来なかった人は体幹の筋力が弱いです。

プランク1

続いて、肘は伸ばし、片手を床から離します。この時、体が左右に傾かないようにしてください。その状態で10秒キープ。出来なかった人、あるいは体が震えてしまった人は、肩の安定性に問題があります。反対側の腕も試してください。

プランク2

クランチ

写真のように、お臍を覗き込むようにして背中を丸めます。この時、左右の肩甲骨が床から離れる位の位置で止めます。このまま10秒キープ。出来なかった人、あるいは体が震えてしまった人は体幹の筋力が弱いです。

クランチ

実はこれをしてしまった人はアウト

上記の検査は、それぞれ1発目を失敗したらアウトです。初動の瞬間に失敗する人が実はたくさんいます。2回目、3回目に上手く出来たとしてもダメです。1発で上手く出来ないということは、とっさに体を動かす際に、筋肉が反応出来ていないからです。体を動かした際に、すぐに筋肉が反応してくれないと、その時点で体のどこかに負担がかかってしまいます。もし、2回目以降、安定してそれぞれの検査が出来たのなら、あなたには筋肉の反応速度を上げるトレーニングが必要です。

 

以上の全てを完璧にこなせた人は、競技を行う上での最低限の体幹力や平衡感覚が備わっています。もし、どれか一つでも上手く出来ない物があるのなら、競技のテクニックを磨く前に、体幹力や平衡感覚、筋肉の反応速度を鍛えましょう。そうすることで、さらなる競技能力が向上が期待できます。もちろん、全て完璧に出来ていた人でも、難易度を上げたトレーニングを行うことで、さらに競技能力を向上させることが出来ます。

様々な競技に必要な能力なんです

どんな競技でも、その競技能力を向上させるためには、体幹の安定性やバランス機能がとても重要になります。

例えば、股関節が不安定だと、腰や、肩や腕の動きにブレが起こり、上半身は不安定になります。これは以下のような影響が考えられます。(説明中に、股関節の不安定性の体験の仕方を書いていますが、行う際は自己責任で無理をせず行ってください。怪我をする可能性があります。)

野球

投球の初動の際の後ろ脚で片足立ちに時と、投球後に前足に体重を載せる時に体がブレてしまいます。投球フォーム時の体のブレは、コントロールの精度に関わりますよね。常にコントロールが安定しない人は股関節は安定していますか。バッターは、スイングの際の体重移動や、ボールがバットにインパクトした時に体がブレてしまいます。体重移動の際の体のブレは、ボールを芯でとらえることが出来なくなり、インパクト時のブレは、打球を遠くに飛ばすことが出来なくなります。実際に、股関節の重要性を体感するには、砂場で投球練習やバッティングをしてみてください。

サッカー

シュートの際の軸足に立った時、フェイントなどで進行方向の急に変える時などに体がブレてしまいます。シュートの際の軸足のブレは、コントロールや威力に影響を与えます。フェイントの時は、切り替える時のスピードに影響が出て、フェイントがスローになってしまい相手を騙せなくなります。実際に、股関節の重要性を体感するには、野球と同様、砂場でシュートやフェイントをしてみてください。

ゴルフ

スイング中の上半身のブレはもちろん、左足に体重を載せ安定させることが出来ず、左の壁をうまくつくれません。スイング中の上半身のブレは、ボールが真っ直ぐ飛ばなくなりす。左足に体重を載せられず壁をつくれないと、体重をヘッドに載せられなくなるので、飛距離がでなくなります。実際に、股関節の重要性を体感するには、座布団を2枚重ねた上に立ってスイングをしてみてください。

その他の競技も

テニスなら、ショットの際やボールを追う際の素早い方向の切り替え。水泳なら、推進力を得るためのキックの動作。など、どんな競技にも、体幹の安定性やバランス機能が競技能力に影響を与えます。

こんな人にお勧め

  • スポーツをしている人で、最近、成績が上がらなくてモチベーションが下がっている人
  • スポーツをしている人で、怪我をよくする人
  • これから体幹を鍛えようと思っているけど、どうやったらいいか分からない人
  • 55歳以上で、転倒や認知症(運動は認知機能を上げる効果が証明されています)の予防をしたいという人

他とは違う当院のトレーニングの特徴

  • 弱い部分を検査で洗い出して、その部分をトレーニングするので、効率よく鍛えられ、短期間で効果を感じていただけます。
  • 脳や神経系のトレーニングを行い、体を瞬時に動かすための反応速度も上がり、スムーズに体を動かせるようになります。

初回体験

このコースは一度だけ体験することが出来ます。ただし、本コースで行う検査やトレーニングを全て行うことはできませんので、その一部を体験していただきます。

体験では以下のことを行います。

  • 上で説明した4つを含めた検査を行い、体幹力や平衡感覚をチェック。
  • 検査で判明した、弱い部分をトレーニング。

体験では以下のことをお願いすることがあります。

  • 動画、写真の撮影。(顔出しNGの人には、顔にモザイクをかけて隠します)。
  • 感想の記入

これらはホームページなどで紹介する場合があります。

※強制ではないので断ることも可能です。

以下に当てはまる人は体験を受けることが出来ません。

  • 体に痛みがある人。
  • めまいがある人。
  • お酒を飲んでいる人。
  • 妊娠している人。

体験の料金など

料金:2,000円

所要時間:20~30分

服装:動きやすい服装(着替えの貸し出しはしてません)

持ち物:タオル(汗をかきます)

本コース

本コースは6回、11回のコースの2種類になります。それぞれ1回目は検査になります。この結果をみてトレーニングの方針を決めます。

  • 料金(先払い)
    6回コース:24,000円(30間有効)
    11回コース:45,000円(60間有効)
    1回(上記のコースのどちらかを利用したことのある人のみ):4,500円
  • 通い方
    週1~3回(通う間隔が短いとより効果的です)
  • 時間
    1回:約30~40分

注意

  • 有効期限がありますので、期限日までにご利用ください。期限を過ぎてしまっても、払い戻しは致しません。
  • いかなる理由でも返金は致しません。
  • ダイエットが目的ではありません。

あなたの悩みを解消しませんか? TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


火~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌、火曜日を休業)

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

電話受付時間 9:30~20:00
(日・祝18:00まで)

LINE

友だち追加数

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

肩こりや腰痛に対するストレッチはもちろん、様々な症状の原因や対策、予防などを公開しています。

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.