左右の足の長さの違いについて

整体やカイロプラクティックを受けたことがある人は、おそらく一度くらいは、右足の方が短いですね、とか、左足の方が長いですね、など足の長さの違いを指摘されたことがあると思います。そして、施術後に、その違っていた足の長さが揃ったと言われたことありませんか?

この足の長さが左右で違う理由と、そしてそれを揃えることが良いことなのかについてお話したいと思います。

左右で足の長さが違う理由

まず、初めに行ってしまいますが、健康な人でも左右の足の長さが同じ人というのはほとんどいません。この理由については、後ほど説明します。

まず、足の長さが左右で違ってしまう理由ですが、大きく二つあります。

一つは機能的な理由による足の長さの違い。これは生活習慣などの体の使い方の癖など、筋肉のバランスや関節の歪みなどによって起こる左右の足の長さの違いです。

もう一つは解剖学的な理由による足の長さの違いです。これは生まれつきによる骨の形の違いや、骨折や病気などによって、骨自体の形が変わってしまって起こる左右の足の長さの違いです。

当然ですが、解剖学的な足の長さの違いを、整体やカイロプラクティックで揃えることはできません。

整体やカイロプラクティックで足の長さを揃えられるのは機能的な理由によって起こっている足の長さの違い、つまり筋肉や関節の問題によって起きている左右の足の長さの違いです。

機能的な足の長さの違いについて詳しく説明いたします。

脚長差

足の骨は寛骨という骨盤の骨の一部についています。この寛骨は仙骨という骨と関節を作っています。これを仙腸関節と言います。つまり、寛骨はこの仙腸関節を支点(✖の部分)に動きます。

そのため、骨盤が後ろに倒れると、足の骨がついている位置が上がってきます。つまり、見かけ上は足が短くなったように見えます。逆に、骨盤が前に倒れると、足のついている位置が下がるので、見かけ上では足が長くなったように見えます。

簡単に言うと、整体やカイロプラクティックではこの骨盤の歪みを整えて、左右の足の長さの違いを揃えるようなことをします。実際は、足の長さの違いは骨盤だけではなく全身の影響を受けています。だから、骨盤の歪みを整えただけでは揃わないこともあるんですが、骨盤の歪みと足の長さの関係は、今説明した通りになります。

ただ、注意しなければならないのは、最初にも言ったように、足の長さの違いは、骨の長さ自体が違うこともあります。そして、それはそんなに珍しいことではありません。1cmくらいの骨の長さの違いなら、個人的な経験ですが、10人いれば1、2人は骨自体の長さが違います。

ですが、整体やカイロプラクティックに行って、足の長さの違いを「骨の長さが違いますよ」って言われたことのある人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか?そういったチェックもしないのに足の長さだけを揃えるようなことをするのは、他の部分に負担をかける結果になるので、どこか別の部分を痛めてしまう可能性があります。よくありません。

骨の長さの違いの見分け方はそんなに難しくありません。正確に測ろうとするならメジャーを使いますが、メジャーを使わなくても、ある程度分かります。

脚長差

ちなみに、私は右の脛骨が左に比べて1.5cmくらい短いです。昔、駆け出しのころ、勉強のためにいろいろな整体やカイロプラクティックへ行っていました。でも、いつも、右足が短いですね、骨盤がゆがんでいますよ。って言われるだけで、骨の長さについて指摘してくれるところは、10件行って1件あるかないかでした。

上の写真は私の足の写真です。写真の角度によって多少の誤差はあります。くるぶしの位置を合わせて膝を同じ角度で曲げています。

左右の足の長さを揃えるデメリット

では、骨の長さに違いはないとして、足の長さが違うのはいけないことなのかについて、私の考えを含めてお話します。

数ミリから1cm程度であれば、誤差範囲だと思います。ほとんどの人は、それで体に大きな影響は出ないと思います。だから、何が何でも揃える必要性はそれほど高くありません。

人はそれぞれ、体の使い方や生活習慣の癖があるからです。冒頭で言ったようにこれが健康な人でも左右の足の長さに違いがある理由です。癖っていうのは、度が過ぎれば怪我やコリを引き起こす原因になりますが、多少はあった方が、体を使いやすくするというメリットがあります。

あと、スポーツ選手や、特殊な職業の人は、足の長さを揃えることによって、競技や仕事に悪影響が出ることがあります。

例えば、ゴルファーや野球のバッター。このような人たちは、体を捻じるようにして使います。しかも、左右に同じように捻じるわけではありませんよね。骨盤が捻じれれば、最初にも説明したように足の長さに影響が出ます。そして、左右同じように捻じらないので、どちらかが長くなったり、短くなったりしています。

これは、競技能力を向上させるためには必要な捻じれになります。だから、スポーツ選手の体を調整する場合は、その競技に合わせて体を調整する必要があります。競技能力向上と体の健康をそれぞれ考慮しなければなりません。

ちなみに私は、足の長さが常に違うわけですが、部活や社会人のクラブチームでラグビーを15年位していましたが、大きなけがや、慢性的な肩こり、腰痛はありませんでした。唯一気になるのは、ズボンの右側のすそを短くしておかないと、裾がかかとに引っかかったりして歩きづらいということくらいです。

足の長さについて動画で見る。

ここであなたの悩みを解消しませんか?

中央林間カイロプラクティックオフィスは、肩こりや腰痛などはもちろん、他の治療院では対応が難しい、脳の働きに関する問題や神経による痛みやしびれ改善に自信を持っております。