腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで 効果が持続。ネットからの予約で初回割引あります。

諦めないで。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、胸郭出口症候群の痛みやしびれ。

  • HOME »
  • 諦めないで。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、胸郭出口症候群の痛みやしびれ。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、胸郭出口症候群などの神経障害は、痛みだけでなく、しびれや感覚の異常、運動障害などを引き起こすので、生活に支障が起きます。今まで、当たり前に行えていたことが、当たり前に行えなくなるっていうのはとても辛いですよね。中央林間カイロには、神経障害で相談に来る人も少なくありません。一日も早く、当たり前の生活を当たり前に行えるようにお手伝い致しますので、ご相談ください。

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは「本来ある場所から、脱出した状態」のことです。これは椎間板の中にある髄核が飛び出て、神経を圧迫することにより起こる障害。

坐骨神経痛とは

殿部を通っている坐骨神経が、圧迫されるなどの障害を受けることにより発生する痛みやしびれなどの総称です。

脊柱管狭窄症

脊髄が入っている脊柱管が椎間板膨隆や脊椎の変形などにより狭くなり、脊髄を圧迫することにより起こる障害。

胸郭出口症候群

鎖骨の下や脇の下などの神経の通り道で、なんらかの原因で神経を圧迫・障害して、肩や腕、手に出る痛みやしびれを出す障害。

神経障害による症状

腰の痛みや脚の痛み・しびれ

腰部の神経障害の場合、お尻、ふともも、足などに症状を出します。お尻、ふともも、足に症状が出ている場合、神経が障害されている場所として考えられるのは、腰椎(腰の骨)、お尻の筋肉、太ももの筋肉などが考えられます。障害されている部分の神経圧迫を取り除き、周辺の血液やリンパ液などの体液を循環させることで、組織の回復を促し症状を改善させていきます。椎間板ヘルニアや椎間板、椎関関節が狭くなっていたとしても対応できます。

病名例:腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など

首、肩、腕、手の痛み・しびれ

頚部の神経障害の場合、肩、腕、手などに症状を出します。肩や手に症状が出ている場合、神経が障害されている場所として、頚椎(首の骨)、首の筋肉、胸の筋肉、肘関節などが考えられます。障害されている部分の神経圧迫を取り除くことで症状を改善させていきます。椎間板ヘルニアや椎間板、椎関関節が狭くなっていたとしても対応できます。

病名例:頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、頚椎症など

健康な人を調べると76%に椎間板ヘルニアが見つかった

神経障害に付いて書いてきましたが、ちょっと待ってください。あなたのその症状は、本当に神経によるものでしょうか?痛みやしびれだけでは神経障害とは考え難いです。1995年、Volvo賞を受賞したBoons博士の研究により、腰痛などの痛みやしびれがない人を検査したところ、76%の人に椎間板ヘルニアが見つかるという結果が出ています。つまり、椎間板ヘルニアがあってもそれが原因で痛みやしびれなどの症状が出る割合は低いということです。腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・胸郭出口症候群は神経障害で起こる障害です。神経障害の症状や見極め方は「神経障害について」をお読みください。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛のような症状を引き起こす筋肉

椎間板ヘルニアや脊柱管の狭窄などがあっても、検査してみると、神経症状(知覚鈍麻(マヒ)、筋力低下、反射減弱)が無い人がとても多くいます。また神経は障害される場所により、症状が出る場所が決まってるにも関わらず、それが一致していないことも少なくありません(デルマトーム、皮膚分節)。痛みやシビレはなぜ起こるのかというと、筋肉の問題であることが多くみられます。この場合は、当然のことながら問題を起こしている筋肉を緩めて、負担を軽減させてあげなければなりません。

多くの場合、以下のような症状が見られます。
・お尻や足(側面、背面)に痛みやしびれが出る。
・腰やお尻・ふくらはぎの筋肉が硬い。
・痛みやしびれが出て歩くのは辛いが、少し休むとまた歩ける。
・長時間車の運転をする。
・お風呂などで体が温まると楽になる。

筋肉の問題で赤い範囲に痛みやしびれが出ることがあります。(一例)

小殿筋の筋膜性の痛みやしびれは、坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアと間違われて診断されることがよくあります。小殿筋の筋膜市の痛みに付いては「小殿筋の筋膜性の痛みは坐骨神経痛や椎間板ヘルニアと間違われやすい」をご覧ください。

坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症に関連するページ

頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、頚椎症のような症状を引き起こす筋肉

椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群と言われていても、検査してみると、神経症状(知覚鈍麻(マヒ)、筋力低下、反射減弱)が無い人がとても多くいます。また神経は障害される場所により、症状が出る場所が決まってるにも関わらず、それが一致していないことも少なくありません(デルマトーム、皮膚分節)。痛みやシビレはなぜ起こるのかというと、筋肉の問題であることが多くみられます。この場合は、当然のことながら問題を起こしている筋肉を緩めて、負担を軽減させてあげなければなりません。

多くの場合、以下のような症状が見られます。
・首や胸の筋肉が硬い。
・猫背だったり、肩が前に丸まっていたり、撫で肩である。
・お風呂などで体が温まると楽になる。

筋肉の問題で赤い範囲に痛みやしびれが出ることがあります。(一例)

腕のしびれ

頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、頚椎症に関連するページ

中央林間カイロでの神経障害への対処と回数の目安

整体やカイロプラクティックは神経障害に対して効果がある場合があります。中央林間カイロでは、神経障害に対しては以下のように対応いたします。
・普段の生活習慣の確認(座り仕事?立ち仕事?足を組む?運動は?など)
・姿勢分析
・動作分析
・椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの神経の問題の有無の検査
・他の部分からの影響をみる
以上の検査を行い、神経障害が明らかになった場合は、状況に応じて以下のように対処いたします。ただし、重度の変形が起こってしまっていると対応が難しくなります。

神経圧迫の解除

椎間板、椎関関節、静脈の鬱滞(うったい)、筋肉などが神経を圧迫する要因として考えられます。

下降性疼痛抑制系の賦活

神経には痛みを抑制するための神経経路があり、それを活性化させることで痛みを抑制させます。

ゲートコントロール

神経は痛みだけではなく、他の感覚(触刺激、振動、運動)も脳へ伝えています。痛み以外を伝える神経を活性化させることで、痛みの伝達を抑制させます。

 

神経障害による痛みやしびれの場合、症状の改善を実感できるようになるまでには、最適な間隔で施術を受けた場合で、平均5回くらいの回数を用します。改善が実感できるような変化が出だしたら、その後は回数を重ねるごとに、より改善が見られると思います。効果が実感できない期間は、全く効果が無いわけではなく、感覚の検査や可動域の検査には改善が見られます。もちろん、これは目安ですので、発症からの期間や、神経の損傷の度合いなどによって効果が実感できるまでの回数は変わってきます。

ご予約・お問合せ TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

LINE

line
友だち追加数

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原

症状・症例

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.