中央林間駅から徒歩約1分の整体院。腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで効果が持続。

腰や足に痛みとしびれ!椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛

  • HOME »
  • 腰や足に痛みとしびれ!椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛

健康な人を調べると76%に椎間板ヘルニアが見つかった

あなたのその症状は、本当に神経によるものでしょうか?痛みやしびれだけでは神経障害とは考え難いです。1995年、Volvo賞を受賞したBoos博士の研究により、腰痛などの痛みやしびれがない人を検査したところ、76%の人に椎間板ヘルニアが見つかるという結果が出ています。つまり、椎間板ヘルニアがあってもそれが原因で痛みやしびれなどの症状が出る割合は低いということです。腰椎椎間板ヘルニア・椎関関節症・脊柱管狭窄症は神経障害で起こる障害です。神経障害の症状や見極め方は「神経障害について」をお読みください。

ですが、本当に腰椎椎間板ヘルニア、椎関関節症、脊柱管狭窄症などで痛みやしびれを出すこともあります。痛みやしびれの原因が神経障害なのか、それとも何か他の原因によるものなのかで、対処方法を変えなければいけません。まずは画像だけで判断せずに、他の検査と合わせて総合的に判断することが大切です。

腰や足に症状の出る神経障害について

腰や足に痛みやしびれなどの症状を起こす神経障害には以下のようなものがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

これは背骨の骨と骨の間にある椎間板の中にある髄核が飛び出て、神経を圧迫することにより起こる障害。髄核が飛び出す場所によって、神経根が圧迫されて起こる神経根障害と、脊髄(馬尾)が圧迫されて起こる馬尾症候群がある。構造上、前者の神経根障害の方が起こりやすい。馬尾症候群の場合、排尿、排便障害(尿・便失禁)などが起こり、発症から24時間以内の一刻も早い手術が必要になります。

腰椎椎関関節症

椎関関節症とは、椎関関節の問題で起こる神経障害のことを言います。例えば、病院で「椎間板が薄くなっている」とか「骨と骨の間が狭い」などと言われることがあります。この場合に起こる神経障害が椎関関節症です。ただし、注意が必要で、「椎関関節症」、「椎間板が薄くなっている」、「骨と骨の間が狭い」と言われた人の中には、実際には後述する、筋肉の問題だったと言うことが少なくありません。

脊柱管狭窄症

脊髄が入っている脊柱管が椎間板膨隆や脊椎の変形などにより狭くなり、脊髄を圧迫することにより起こる障害。間欠性跛行が特徴的な症状です。

坐骨神経痛とは

殿部を通っている坐骨神経が、圧迫されるなどの障害を受けることにより発生する痛みやしびれなどの症状のことを言い、病名ではありません。つまり、上で説明した、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎関関節症、脊柱管狭窄症による痛みやしびれも坐骨神経痛と言うことになります。その他にも、殿部にある梨状筋に神経が挟まれて起こる梨状筋症候群というのもあります。

神経障害による症状

神経障害によって現れる症状は、痛みやしびれ、感覚低下、筋力低下です。注意してほしいのは“しびれ=神経障害”ではありません

症状の詳しい内容は「神経障害について」のページをご覧ください。

症状が出る場所

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎関関節症、脊柱管狭窄症などにより症状が出る場所は、お尻、ふともも、足などです。腰だけに症状が出ることはあまりありません。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛のような症状を引き起こす筋肉

椎間板ヘルニアや脊柱管の狭窄などがあっても、検査してみると、神経症状(知覚鈍麻(マヒ)、筋力低下、反射減弱)が無い人がとても多くいます。また神経は障害される場所により、症状が出る場所が決まってるにも関わらず、それが一致していないことも少なくありません(デルマトーム、皮膚分節)。痛みやシビレはなぜ起こるのかというと、筋肉の問題であることが多くみられます。この場合は、当然のことながら問題を起こしている筋肉を緩めて、負担を軽減させてあげなければなりません。

多くの場合、以下のような症状が見られます。
・お尻や足(側面、背面)に痛みやしびれが出る。
・腰やお尻・ふくらはぎの筋肉が硬い。
・痛みやしびれが出て歩くのは辛いが、少し休むとまた歩ける。
・長時間車の運転をする。
・お風呂などで体が温まると楽になる。

筋肉の問題で赤い範囲に痛みやしびれが出ることがあります。(一例)

小殿筋の筋膜性の痛みやしびれは、坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアと間違われて診断されることがよくあります。小殿筋の筋膜性の痛みに付いては「小殿筋の筋膜性の痛みは坐骨神経痛や椎間板ヘルニアと間違われやすい」をご覧ください。

坐骨神経痛

中央林間カイロでの神経障害への対処と回数の目安

神経障害の対処で重要なことは以下の3つです。

  • 障害されている部分の負担を減らすために体のバランスを整えること。
  • 障害されている部分の血液やリンパ液の流れを良くして、組織の回復を促進すること。
  • 適切な時期に運動することで、痛みの感覚をさらに低下させ、血液やリンパ液の流れを良くすること。

障害されている部分の神経圧迫を取り除き、周辺の血液やリンパ液などの体液を循環させることで、組織の回復を促し症状を改善させていきます。椎間板ヘルニアや椎間板、椎関関節が狭くなっていたとしても対応できます。

神経障害による痛みやしびれの場合、症状の改善を実感できるようになるまでには、最適な間隔で施術を受けた場合で、平均5回くらいの回数を用します。改善が実感できるような変化が出だしたら、その後は回数を重ねるごとに、より改善が見られると思います。効果が実感できない期間は、全く効果が無いわけではなく、感覚の検査や可動域の検査には改善が見られます。もちろん、これは目安ですので、発症からの期間や、神経の損傷の度合いなどによって効果が実感できるまでの回数は変わってきます。

感想:大和市中央林間在住 M,A様 60代 男性 [足の痛みとしびれ]

以前より外出できるように

足に痛みがあり、病院で脊柱管狭窄症と診断されました。治らないよ、と言われていましたが少しでも良くなればという思いで、インターネットで調べてこちらにうかがいました。何回か通う内に歩いていられる時間が延びてきました。まだ痛みはありますが、以前より外出できるようになりよろこんでおります。

脊柱管狭窄症

※効果には個人差があります

腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症に関連するページ

本気であなたの悩みと向き合います

中央林間カイロプラクティックオフィスでは、痛みやしびれなどの不快な症状で悩んでいる人のお役にたちたいと真剣に考えております。日々「どんな症状でも改善してやる」と、言う気持ちで施術しております。

どんな症状にもしっかり結果が出せるように、現在でも整体やカイロプラクティックだけでなく、解剖学や神経学と言った座学のセミナーや勉強会への参加や、医学書を本を読んで勉強しております。

もし、あなたが本気で楽になりたいとお考えなら、全力でサポート致します。一緒に、健康な体を作っていきましょう。

お電話で予約・お問合せ

「予約したいです」と、お電話ください。

ご希望の日時や時間、コースなどを伺います(詳しくは「予約について」ごご覧ください)。

LINEで予約・お問合せ

友だち追加数

予約・問合せ ↓押すと電話がかかります。 TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

電話受付時間 9:30~20:00
(日・祝18:00まで)

LINE

line
友だち追加数

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

肩こりや腰痛に対するストレッチはもちろん、様々な症状の原因や対策、予防などを公開しています。

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.