中央林間駅から徒歩約1分の整体院。腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで効果が持続。

コリや痛み、しびれの原因

  • HOME »
  • コリや痛み、しびれの原因

痛みは体に異常が発生したことを知らせる“警報”

猫背になると、肩こり、首こり、腰痛になります。

お腹が前に出て骨盤が前に傾くと、腰痛になります。

どちらの場合も、骨や関節に負担が増えて、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの痛みやしびれの要因にもなります。

猫背,反り腰

これらによって起こる、肩こりや腰痛の原因ってどこあるでしょうか?痛みが出ている、肩?腰?

そうではなくて、背骨が丸まって猫背になっていることや、骨盤が前に傾いていることですよね。それなら、この肩こりや腰痛を改善しようと思ったら、背骨や骨盤の歪みを整えないとダメですよね。

もう一つ例を。肩や首を痛めて上を向くのが辛かったとします。これは上を向く動きの中で、痛めている首の筋肉や関節へ負担がかかるためです。実は上を向くためには、首だけではなく、胸や腰も連動して動きます。

痛みがあるところに原因は無い

上の写真を見ると右の方が上を向いていますよね。これは▲の部分の背骨に柔軟性をつけた後です。右側の方が胸を張っているようにみえませんか。もし、左の状態(背骨に柔軟性が無い)で右と同じ分だけ上を向こうとすると、首を強く反らさなければなりません。すると首の負担がさらに増えて痛みが強く出ます。この痛めた首を早く治すためには、首に負担がかからないようにしてあげることです。

これらのように、痛みの警報が鳴っているのは肩、首、腰かもしれませんが、火元(原因)は他の所にあると言うことです。

体のどこかで問題が発生した時、痛みという警報を鳴らして異常を知らせてくれます。ですが、鎮痛剤や痛いところの筋肉のマッサージやストレッチでは、一時的に警報が止まるだけです。火元(原因)を消さないと、警報は繰り返し何度でも鳴りだします。

あなたが今まで通った病院や整体院では、痛みがあるところばかり治療しませんでしたか?

気になったら、早めの対処が将来の生活を左右する

肩こりや腰痛などに限らず、さまざまな痛みや体の問題は、早めの対処がもっとも労力も時間も費用も抑えることが出来ます。もし、ひどい事態になってしまうと、外出すらできなくなったり、仕事に穴をあけてしまったりするかもしれません。最悪、入院や手術が必要になることだってあります。まだ大したことが無いからと言って後回しにするのではなく、できれば、その大したことが無い内に対処しておくことをお勧めします。もし、すでにひどい状態の人も、さらに放置するのではなく早く対処をするようにしてください。その理由の一つは、下に書いてある「脳の変化」があるからです。

いつまでも痛みが取れないのは理由があった

脳には図のように、体の部位に対応した領域が存在します(脳の中の小人・ホムンクルス)。運動野は筋肉に信号を送って体を動かす指令を出す場所です。感覚野は体からの感覚(痛み、温度、触角など)を知覚する場所です。

脳の小人

※右脳左脳それぞれに運動野と感覚野があります。

刺激によって脳は変化する

たくさん体を動かすと、運動能力が上がります。

たくさん勉強をすると、記憶力や応用力が上がります。

これは、その刺激が脳や神経に強く記憶され、脳のその運動や学習に関する領域が発達したことや、体を動かしたり、考えたりすることを繰り返すことで、神経の伝達が効率的に行われるようになったからです。このような、刺激によって構造も機能も変化する性質のことを可塑性と言います。この可塑性は神経の特徴でもあります。

痛みや体の歪みも脳や神経を変えてしまう

神経の可塑性は良いことばかりではありません。

運動や勉強によってその能力が向上する様に、痛みや体の歪みによっても、その状態が起こりやすいようになります。痛みがあると、意識がそこに向かい、その期間が長くなればなるほど感覚が脳に強く記憶される。すると、原因が解決(傷が治る)しても、「痛み」という感覚が残ります。

姿勢の歪みも同じです。体が曲がった状態に合わせて、筋肉の緊張が記憶される。平衡感覚は体が曲がった状態で記憶される。

この状態から抜け出すためには、正しい情報(感覚)を正しい神経の通り道を通って脳が認識できるように、神経と脳の連絡を改善する必要があります。それには脳への適切な刺激と、適度な運動が必要です。

症状が長く続くと体のいろいろな部分に問題が起きる

痛みがあると、それを避けるような姿勢を取ります(逃避姿勢)。

痛みがあると、痛みが出ないように、普段とは違った動きで体を動かします(代償動作)。

このような姿勢や動作が長く続くと、間違っている平衡感覚や体の動かし方を脳が記憶してしまいます。この脳の変化をそのままにしておくと、今度は腰以外の筋肉や関節に負担が増えます。だから、腰が治ったかと思ったら、別の所に痛みが出て、またしばらくすると腰が痛くなる。この繰り返しで、いつまで経っても体のどこかが痛い状態の負のサイクルに陥ります。

予約・問合せ ↓押すと電話がかかります。 TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

電話受付時間 9:30~20:00
(日・祝18:00まで)

LINE

line
友だち追加数

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

肩こりや腰痛に対するストレッチはもちろん、様々な症状の原因や対策、予防などを公開しています。

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.