腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで 効果が持続。ネットからの予約で初回割引あります。

良い姿勢ってどんな姿勢?姿勢について

  • HOME »
  • 良い姿勢ってどんな姿勢?姿勢について

良い姿勢ってなに?

いきなりですが、良い姿勢ってどんな姿勢のことでしょう?見た目が綺麗こと?体への負担が少ないこと?楽であること?

私の個人的な考えは、

  1. 見た目がそこそこ綺麗
  2. 体への負担が少ない
  3. その姿勢を続けていても辛くない状態が正しい姿勢

だと思います。そりゃそうだ、と思いますよね。ですが実際は正しい姿勢は楽ではないという人がほとんどです。テレビや雑誌などで正しい姿勢の取り方として紹介されているのは、歪み方のタイプや正しい姿勢の形、背骨を伸ばすためのストレッチだと思います。だけど、これを知ったところで実践する人は限られているし、実践してもなかなか改善しないことも少なくありません。万人に通用する指導の仕方では効果が出る人は少ないと思います。だって、姿勢が悪い原因は個人差があるから。

猫背の人が正しい姿勢を取ろうと背筋を張った場合、背中側の筋肉を使って体を起こします。当然、背中の筋肉はそのうちに疲労してくるので疲れてしまいます。これでは1、2は当てはまらなくなります。無理して頑張っている状態は正しい姿勢ではありません。この人が正しい姿勢を取りやすいようにしてあげる場合に考えるべきことは猫背の原因です。例えば、パソコンを使っての長時間の仕事をしている人だったら?スマホばっかりいじっている人だったら?本ばかり読んでいる人だったら?・・・・正解は、仕事を辞めてもらうでも、スマホを壊すでも、本を破るでもありません。その姿勢や動作中に使っている筋肉が固まらないようにすることが一つの対策になります。筋肉が硬くなると、その筋肉と対の動きをする筋肉を使う際は、硬い筋肉を引き延ばすための余計な力が必要になります(胸の筋肉が硬いまま、胸を張ろうと背中の筋肉を使う場合は強い力が必要になる)。これがコリや疲労の原因になります。もう一つはその姿勢の際の体の位置感覚が脳に記憶されていないかチェックし、必要であればその認識を変えさせることです(自分は真っ直ぐに立っているつもりでも、鏡を見たら曲がっているなどした場合、体の位置感覚にズレが生じている可能性があります)。

結局、どこの筋肉が硬くなっているのか、体の位置感覚にズレがあるのか、なんて言うことは一人一人見てみないと分かりません。

理想的な正しい姿勢

下図のように壁に背を向けて立ち、①かかと、②お尻、③背中、④頭部が壁につくか試します。このとき注意してほしいのが、顔の面が壁面と平行にあることです。顎が前に出て上を向くような感じにならないようにしてください。 この姿勢で、どこかの部位が壁から浮いてしまうとか、意識して力を入れないとくっつかないというのであれば、理想的な姿勢から外れている可能性があります。 左右は、耳の高さ、肩の高さ、骨盤の高さなどが左右対称であること。

良い姿勢

骨格を歪める可能性のある姿勢

  • 足を組む→猫背になる。足を上にした側と反対に背骨が歪む。
  • 床に座る(正座以外)→猫背になる。
  • 肘掛けやクッションに寄りかかる→寄りかかった側と反対に背骨が歪む。
  • テレビやパソコンの画面が正面にない→向いている方向に背骨が捻じれる。
  • 腕を組む→肩が前にでる。猫背になる。
  • 片足に体重をかけて立つ→体重をかけた側に骨盤が寄る。
  • いつも同じ方の手や肩で荷物を持つ→荷物を持つ方の肩が上がる。
  • お尻のポケットに財布などを入れたまま座る→骨盤が捻じれる。

姿勢に関連するページ

ご予約・お問合せ TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

LINE

line
友だち追加数

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原

症状・症例

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.