中央林間駅から徒歩約1分の整体院。腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで効果が持続。

広範囲に及ぶ痛みやしびれ!筋膜の問題と神経障害の違い

  • HOME »
  • 広範囲に及ぶ痛みやしびれ!筋膜の問題と神経障害の違い

こんな所の痛みやしびれには筋膜が関わっています

坐骨神経痛

腕のしびれ

胸の痛み

膝の痛み

上の図を見ると、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、胸郭出口症候群、変形性膝関節症などの症状と似ていると思いませんか?実は、全て筋膜が関わって起こる痛みやしびれの範囲を示した図です。

筋膜性疼痛症候群は神経障害ではありません

筋膜は筋肉の表面を覆っている膜で、コラーゲン線維で出来ています。覆っているといっても、筋膜は複雑に絡み合う網のようなものなので、筋肉と筋膜を完全に分離することはできません。みかんの白いスジをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。しかも、みかんの白いスジって、一つの房だけでなく、隣り合う房にも絡み合ってくっ付いてたりしますよね。筋膜も似ていて、隣り合う筋膜や骨膜(骨を覆っている膜)などと絡み合い、互いに影響を及ぼします。

筋肉を酷使したり、不動(動かないこと)によって血流が阻害されて酸欠状態になると、血管内に在った発痛物質(ブラジキニン、※セロトニン、ヒスタミンなど)が血管外へ放出され、周辺になる神経を刺激して痛みやしびれを発生させます。すると、痛みやしびれを脳が感じ取り、その周辺の筋肉を硬くします。長時間そのような状態にさらされると、その部分にコリのような硬結が出来ます。これをトリガーポイントと呼びます。そしてこのトリガーポイントを圧迫したりすると、離れた部分に痛みやしびれを発症させます。この痛みやしびれと言うのは、神経の障害では説明がつかない範囲に起こります。それを説明するのにもっとも有力なものが「筋膜」と言われています。

トリガーポイントを刺激することによって起こる痛みやしびれを、筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)と言います。最近になって日本でも広く知られるようになってきましたが、それでもまだ認知度は低いようで、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などと間違って診断されることがあります。

※セロトニンと聞いて「えっ!」と思う人もいるかもしれません。そう思う人はおそらく、セロトニンは痛みを抑えたり、精神を安定させたりする作用(うつ病に効く)があると聞いたことがあるからではないでしょうか?実はセロトニンは中枢神経(脳や脊髄)で作用すれば良い効果が得られますが、末梢神経に作用すると痛みなどを発生させます。

関連ページ

筋膜リリース

ご予約・お問合せ TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

電話受付時間 9:30~20:00
(日・祝18:00まで)

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

肩こりや腰痛に対するストレッチはもちろん、様々な症状の原因や対策、予防などを公開しています。

LINE

line
友だち追加数

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原

症状・症例

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.