腰痛の8割が原因不明って知ってましたか?実は痛みのある所ばかり、なんとかしようとしても良くなりません。腰痛や肩こりも足から整えることで 効果が持続。ネットからの予約で初回割引あります。

グルグル回るめまい、フワフワするめまい。

  • HOME »
  • グルグル回るめまい、フワフワするめまい。

めまい

めまいが起こった場合は、まずは一度、病院を受診してください。特に、難聴や頭痛、嘔吐を伴う場合は出来るだけ早い時期に。CTやMRIなどで異常がなければ、危険なめまいであることは少ないと思います。危険なめまいとは、中枢性によるもので脳血管障害や腫瘍などが考えられます。これらは命にかかわることもありますので注意が必要です。

分類

めまいは中枢性と末梢性に分類することが出来ます。

中枢性めまい

障害部位:前庭系神経核、小脳

症状:回転性が多い。自分または景色がぐるぐる回っているような感覚。

末梢性めまい

障害部位:内耳(三半規管、耳石器)、前庭神経、筋肉の固有感覚受容器、椎骨動脈

症状:動揺性が多い。ふらふら、ふわふわと酔っぱらったような感覚。

 

めまいでよく聞く“メニエール病”や“良性発作性頭位めまい症(BPPV)”は、症状は辛いですが、命にかかわるような危険なめまいではありません。メニエール病は内耳のリンパ液が過剰に作られてしまうことでめまいが起こります。BPPVは三半規管に耳石が迷い込み、それが頭の動きを感知するセンサーに刺激を与えてしまうため、平衡感覚が狂い、めまいが起きます。

中央林間カイロでのめまいへの対処

最初に書いたように、脳血管障害や腫瘍などの器質的な問題が原因のめまいについては対処できません。この場合は、しっかりと専門の病院で治療を受けてください。それ以外で起こるめまい(メニエールやBPPV、原因不明と言われるような場合も含む)であれば、ご相談ください。多く場合、体が感じている感覚と目で見ている情報に誤差が生じたときにめまいが起こります。平衡感覚を司る器官(三半規管や蝸牛)や神経(前庭系や小脳)、筋(足の裏や首の筋肉の場合が多い)などの機能的な問題や、自律神経の問題によって引き起こされるめまいと考えられます。

しっかりと検査を行えば、問題を起こしている部分を特定できることが少なくありません。例えば、三半規管が問題を起こしていた場合、目の動きや、体の細かい動作を検査することで分かります。

問題部位が特定できれば、その部分に刺激を入れて変化をみます。先ほど言った、三半規管の問題であれば、検査と同様に眼球運動を利用して刺激を入れることが出来ます。ただし、これはしっかりと三半規管と目の特性を理解したうえで行わないと危険です。反対へ目を動かすような刺激を入れ過ぎてしまった場合、症状は悪化します。

良性発作性頭位めまい症であれば、1回でおさまることもありますが、他が原因だった場合、変化が出だすまでに時間がかかる場合があります。また、トレーニングも重要になりますので、自宅でしっかりと行って頂けない場合には、症状がなかなか改善しませんので、クライアントも一緒になって頑張っていただく必要があります。

めまいに関連するページ

ご予約・お問合せ TEL 046-244-4046 電話受付時間9:30~20:00(日・祝18:00)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

営業時間


月~土:10時~21時(最終20時)

日・祝:10時~19時(最終18時)

定休日:木曜

ご予約・お問合せ


TEL:046-244-4046

体に関するブログ

整体師が教える体に関するブログ

LINE

line
友だち追加数

周辺地域情報

大和市、相模原市、町田市、藤沢市、座間市、川崎市、横浜市 中央林間、東林間、南林間、相模大野、小田急相模原

症状・症例

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.