40代男性/仕事:デスクワーク/運動していない

主訴:左の肩から手にかけての痛みとしびれ

手のしびれ

症状が出た時の状況

5年前に交通事故でムチ打ちになった。その時も腕にしびれが出ていたが、その時は今ほどひどくはなく、リハビリしていたら治った。

1ヶ月くらい前から、左の肩から手にかけて痛みとしびれが出てきた。現在は左の首も痛い。朝はそれほどひどくないが、徐々にしびれが強くなってきて、夕方ぐらいに症状が最も強くなり、寝るまで続く。

痛みの強さ(10が最大で日常生活困難):7

見立てとアプローチ

首を左に倒すと、小指周辺にしびれが出ます。頭のてっぺんを押して、首を圧迫すると肩から首、肘から先の小指側にしびれが出る。その他、整形外科学検査と神経学検査の双方で、首の神経障害を示す陽性反応が出ます。ただし、肘から先の痛みとしびれに関してで、首や肩などは神経障害ではなく、筋肉の異常による痛みやしびれだと思います。

神経の症状が出るだけの負担が首にかかっているので、周辺の筋肉にも大きな負担がかかって首や肩に痛みやしびれを出していた可能性が高いと考えました。

まずは、下肢から調整し首周辺に負担がかからないようにバランスを整えます。そして、神経を圧迫していると考えられる首の部分の調整を慎重に行い、痛みやしびれが出ないで動かせる範囲を増やし、その後に首や肩の筋肉の問題に対して施術を行います。

2回目(4日後)、首と肩の痛みは無くなった。肘から先の小指側のしびれは相変わらず。4回目(初回から14日後)、しびれが減ってきた。6回目(初回から1カ月後)、普段気にならない位までしびれが軽減した(10段階で2)

症状が夕方になると強くなってくるのは、姿勢の影響もそうですが、立っていたり座っていたりすることで、重力が首に圧力がかかり症状が強くなるからです。だから、その影響の最も軽い朝は症状が少なくなります。