お尻から太ももへの痛み。梨状筋症候群。大和市中央林間の整体院

神経障害, 腰痛

お尻や太ももに痛みがあると、椎関眼ヘルニアじゃないかと思うかもしれません。実は他にも梨状筋症候群というのもあります。梨状筋症候群とは、殿部にある梨状筋の問題より、その下を通っている坐骨神経を圧迫することで起こる、痛み、しびれ、知覚低下、筋力低下などの症状のことです。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアと梨状筋症候群の大きな違い

椎間板ヘルニアと梨状筋症候群は、共に、殿部や下肢に、痛み、しびれ、知覚低下、筋力低下などを引き起こします。それぞれ似ていますが、決定的な違いがあります。それは障害されている場所です。椎間板ヘルニアは、椎間板のある脊柱のどこかで神経が障害されますが、梨状筋症候群は殿部の梨状筋によって障害されています。当然ですよね。ですが、病院だとこのことをハッキリと区別せず、坐骨神経痛という病態だけしか教えてくれないことが少なくありません。坐骨神経痛とは、坐骨神経が支配する領域に起こる障害の総称でして、病名ではありません。そして原因は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群など様々。これではどこを直せばいいのか分かりませんよね。だから障害部位を特定することが大事なんです。

梨状筋症候群を見極めるための検査

一例ですが、下肢の痛みやしびれで、神経障害が疑われる場合にSLRという検査があります。患者さんは仰向けで寝た状態で、第三者が片足を上げていき、症状が出るか確認する検査です。腰椎や梨状筋で神経の圧迫があると、脚を上げていく際に神経が引き伸ばされて、症状が出ます。しかし、これだけでは、どこで神経が圧迫されているのか分かりません。

そこで、下肢を外旋(つま先を外側に開く)させた状態(こうすることで梨状筋が緩む)で脚を上げていきます。これにより、SLRを行って症状が出た角度より、さらに高くあげられるようになれば、梨状筋での神経圧迫を疑うことが出来ます。

もちろん、この検査だけで、判断するわけではありませんが、神経障害が疑われる場合は行う検査です。

まとめ

お尻や脚に痛みやしびれなどの症状があった場合、まずは原因となっている場所を絞ることが大切です。それによって、対応の仕方は大きく変わってきます。例え同じような症状の人がいたとしても、原因が同じとは限りません。また、他の医療機関などで、診断を受けていたとしても、検査をすることが重要です。

スポンサードリンク