腰痛の原因になる大腰筋

大腰筋 起始:T12-L5の横突起及び椎体前外側 ※L5への付着は希薄。文献によってはT12-L4とされている。そのため、大腰筋が過緊張を起こすとL5は逆に後ろへ押し出されるように後方変位することがある。

続きを読む

熱中症に対する応急処置

熱中症の種類と症状については前回の記事をご覧ください。

熱中症の応急処置~

前回告知したとおり、熱中症になった場合の応急処置について。 ○熱失神・熱疲労の場合 涼しい場所に寝かせ、水分を補給することで通常は回復します。ませる際に、足を高く手足を末梢から中心部にかけて(指先の方から体に向かって)マッサージするのも効果的。吐き気やおう吐などで水分補給できない場合は病院へ。

続きを読む

熱中症の種類と症状

~熱中症の種類と症状~

1.熱失神 皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こる。 症状:めまい、失神、顔面蒼白 2.熱疲労 脱水による症状。 症状:脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐気

続きを読む

がんと放射線量

先日見たNHKの「バークレー白熱教室」が面白かったです。 サブタイトルは「原子力を知る」。 原子力というと、あまりイメージがわかず興味がないと言うかも知れませんが、放射線というと少なからず興味があるのではないでしょうか? サラリーマン時代に原子力関係の仕事もしていたので、こういった内容の番組などが放送されていると見入ってしまいます。 「放射線とはなんぞや」というのは難しいし、たぶんそんなことよりも、どれぐらい浴びるとまずいのか?とか、普段どれぐらい浴びているのか?などのことの方が興味があると思いますので、それについて「バークレー白熱教室」でやっていたことや、自分の知っていること、調べたことなどをまとめてみます。

続きを読む

ブルーライト・・・(横浜じゃありません)

ブルーライトはなぜ悪い

みんさんご存じブルーライト。 なんとなく「良くない光」ということは分かっていると思います。 でも、「なぜ、良くないのか説明して」と言われると、答えられない人も多いのではないでしょうか? そんなあなたに、明日から使える豆知識です。

続きを読む

上が向き難い・・・(再掲載、一部修正)つづき

上を向きやすくするためのストレッチ

前回の「上が向き難い・・・(再掲載、一部修正)」の続きです。 予告通り、上を向きやすくするためのストレッチ方法です。 まずは、何もしない状態で上を向いて、どれぐらいまで首が反れるかやってみてください。確認出来たら、上を向きやすくするために、背骨に柔軟性ををつけるためのセルフストレッチを始めていきましょう。

続きを読む

上が向き難い・・・(再掲載、一部修正)

上が向き難い、上を向くと首が痛い

と言う人の多くは、腰骨より少し上の辺りの背骨の動きが悪くなっています。 この部分の動きが悪いと上を向き難くなります。これは上を向く際の首の動きと、腰骨上部の動きが連動するからです。 試しに背筋を真っ直ぐにした状態で、上を向いてみてください。すると、上を向く動作の最後の方で、みぞおち辺りが前上方へ突き出るように動いてくるのが分かると思います。

続きを読む

体を前に倒すと出る腰痛

屈曲型腰痛2

体を前に倒すと悪化する腰痛

腰痛にはいろいろあります。体を前に倒すと痛みが強くなるのか、それとも後ろに反らすと痛みが出るのか、あるいは横に倒すと痛みが出るのか・・・など。 どれも原因が同じという訳ではありません。 その中で、今回は「体を前に倒すと出る腰痛」について。

続きを読む