こんなことで骨盤が歪みます。大和市中央林間の整体

骨盤背面

寛骨(腸骨、坐骨、恥骨)と仙骨が複合的に動くので、骨盤の歪み方はとても複雑です。ここでは、誰もが理解できるように、寛骨の動きだけに注目して、分かり易く書いていきます。骨盤の歪みは腰痛だけではなく、膝や肩、首などにも影響を与えます。

続きを読む

筋肉の緊張が引き起こす頭痛

胸鎖乳突筋-頭痛

肩こりや首がこると頭痛を起こすことは、皆さんご存じだと思います。この筋肉がこることで引き起こされる頭痛を「筋緊張型頭痛」と言います。特に仕事がデスクワークの人が悩まされていると思います。根本的な解決方法は、肩や首の筋肉に負担をかけないように、姿勢や生活習慣を改善することですが、なかなか簡単にできることではありません。 カイロプラクティックや整体は、そういった姿勢や生活習慣の改善のお手伝いをするところですが、なかなか通う時間がなかったり、ちゃんとしたカイロや整体院に出会えなかったりで、根本的に解決できないこともあると思います。そういう人たちのために、これを知って入れば役に立つ、頭痛を起こす筋肉についてお伝えします。実は、どの筋肉がこるかによって、痛みを出す部分に違いがあります。逆に言うと、痛みがどこに出ているかで、凝っている筋肉を予想することができる訳です。あとは、対処療法になってしまいますが、その筋肉をほぐしたりストレッチしたりして頭痛の軽減に役立ててください。

続きを読む

動作分析-体の歪みを読み解く

動作分析

静的な姿勢分析が終わったら、次は動作を観ます。この時もやはり、あまり深く考えすぎず、直感を大事にします。 ~立位~ 腰幅ほど足を開いた状態で、前屈、伸展、側屈、回旋を観ます。それ以外に観るとすれば、屈伸運動、片足上げ。症状によって、したりしなかったりするのは肩の外転運動、首の前後左右の動きなど。 ~座位~ やはり、基本的には立位と同じ。前屈、伸展、側屈、回旋を観ます。症状によって、したりしなかったりするのは肩の外転運動、首の前後左右の動きなど。立位の場合と大きく違うのは、術者が体に手を触れた状態で動作を行い、クライアントの筋肉の緊張度合いなどを手から感じ取ります。

続きを読む

セルフストレッチ-肩こり編2

肩こりは、凝った筋肉を揉んだりストレッチしたりしても、今までと同じように肩に負担をかけてしまっては、同じことの繰り返しになります。しかし、肩が凝ったままで、姿勢を正したり、生活習慣を改善しようとしてもなかなかうまくいきません。 まずは、凝ってしまった筋肉をほぐしてから、次の肩こりを発生させないように、姿勢や生活習慣を改めましょう。

続きを読む

女性は鉄分が不足している

以前参加したセミナーで「日本人のほぼ全ての女性は鉄が不足している」と言うことを学びました。 性が一日に必要とする量は2mg。そして、鉄分の吸収率は非常に悪いらしく、摂取量の約10%程度しか吸収出来ないそうです。(一般的には女性は1日に12mg摂取するように書かれていました。ここから10%ということは、必要量は1.2mgということでしょうか)。そこで調べてみたら現代女性(30代)の1日の鉄分摂取量は約7mgと書かれていました。これでは一般的な基準値にすら足りていません。

続きを読む

セルフストレッチ-腰痛編

腰痛は、凝った筋肉を揉んだりストレッチしたりしても、今までと同じように肩に負担をかけてしまっては、同じことの繰り返しになります。しかし、腰が痛いまま、姿勢を正したり、生活習慣を改善しようとしてもなかなかうまくいきません。まずは、凝ってしまった筋肉をほぐしてから、次の腰痛を発生させないように、姿勢や生活習慣を改めましょう。 このストレッチは、あくまで対処療法になりますが、知っておくと便利です。ぜひ試してみてください。

続きを読む

セルフストレッチ-肩こり編

今回は首こり・肩こり編です。(頭痛にも効果があります) 首や肩がこる・・・ 誰か揉んで・・・ でも、誰もいない・・・ そんな時はコレ!テニスボールを使ってストレッチ!

続きを読む

腹圧を高めて肩こりや腰痛を予防する。

腹圧が低下すると、上体を真っ直ぐ安定させることが困難になり、腰や背中が丸まって腰痛や肩こりの原因になります。

腹圧とは、いわゆる腹腔内(横隔膜より下の内臓がおさめられている所)の圧力。

続きを読む

慢性的な肩こり

肩こり原因

肩こりの原因についてまじめに書いてみたいと思います。 あぁ、別に今までが不真面目だったわけではないです。 ただ言ってみたかっただけですので。   さてさて「肩こり」について。 肩こりで硬くなっている筋肉は、主に僧帽筋と言う筋肉です。 でも、重要なのは肩甲挙筋。

続きを読む