セルフストレッチ-腰痛編

腰痛は、凝った筋肉を揉んだりストレッチしたりしても、今までと同じように肩に負担をかけてしまっては、同じことの繰り返しになります。しかし、腰が痛いまま、姿勢を正したり、生活習慣を改善しようとしてもなかなかうまくいきません。まずは、凝ってしまった筋肉をほぐしてから、次の腰痛を発生させないように、姿勢や生活習慣を改めましょう。 このストレッチは、あくまで対処療法になりますが、知っておくと便利です。ぜひ試してみてください。

続きを読む

セルフストレッチ-肩こり編

今回は首こり・肩こり編です。(頭痛にも効果があります) 首や肩がこる・・・ 誰か揉んで・・・ でも、誰もいない・・・ そんな時はコレ!テニスボールを使ってストレッチ!

続きを読む

腹圧を高めて肩こりや腰痛を予防する。

腹圧が低下すると、上体を真っ直ぐ安定させることが困難になり、腰や背中が丸まって腰痛や肩こりの原因になります。

腹圧とは、いわゆる腹腔内(横隔膜より下の内臓がおさめられている所)の圧力。

続きを読む

慢性的な肩こり

肩こり原因

肩こりの原因についてまじめに書いてみたいと思います。 あぁ、別に今までが不真面目だったわけではないです。 ただ言ってみたかっただけですので。   さてさて「肩こり」について。 肩こりで硬くなっている筋肉は、主に僧帽筋と言う筋肉です。 でも、重要なのは肩甲挙筋。

続きを読む

腰痛の原因になる大腰筋

大腰筋 起始:T12-L5の横突起及び椎体前外側 ※L5への付着は希薄。文献によってはT12-L4とされている。そのため、大腰筋が過緊張を起こすとL5は逆に後ろへ押し出されるように後方変位することがある。

続きを読む

熱中症に対する応急処置

熱中症の種類と症状については前回の記事をご覧ください。

熱中症の応急処置~

前回告知したとおり、熱中症になった場合の応急処置について。 ○熱失神・熱疲労の場合 涼しい場所に寝かせ、水分を補給することで通常は回復します。ませる際に、足を高く手足を末梢から中心部にかけて(指先の方から体に向かって)マッサージするのも効果的。吐き気やおう吐などで水分補給できない場合は病院へ。

続きを読む

熱中症の種類と症状

~熱中症の種類と症状~

1.熱失神 皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こる。 症状:めまい、失神、顔面蒼白 2.熱疲労 脱水による症状。 症状:脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐気

続きを読む

がんと放射線量

先日見たNHKの「バークレー白熱教室」が面白かったです。 サブタイトルは「原子力を知る」。 原子力というと、あまりイメージがわかず興味がないと言うかも知れませんが、放射線というと少なからず興味があるのではないでしょうか? サラリーマン時代に原子力関係の仕事もしていたので、こういった内容の番組などが放送されていると見入ってしまいます。 「放射線とはなんぞや」というのは難しいし、たぶんそんなことよりも、どれぐらい浴びるとまずいのか?とか、普段どれぐらい浴びているのか?などのことの方が興味があると思いますので、それについて「バークレー白熱教室」でやっていたことや、自分の知っていること、調べたことなどをまとめてみます。

続きを読む

ブルーライト・・・(横浜じゃありません)

ブルーライトはなぜ悪い

みんさんご存じブルーライト。 なんとなく「良くない光」ということは分かっていると思います。 でも、「なぜ、良くないのか説明して」と言われると、答えられない人も多いのではないでしょうか? そんなあなたに、明日から使える豆知識です。

続きを読む