整体やカイロプラクティックでボキッと矯正をする理由。大和市中央林間の整体

整体やカイロプラクティックへ行くと、ボキッと音のなる矯正を受けることがあります。おそらく一般の人は、この「ボキッ」と音がなる矯正をする、ちゃんとした理由についてはご存じないと思います。もしかしたら理解しないで行っているセラピストもいるかもしれません。「骨の位置を整えているんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんが、違います。実は音が鳴ることで、人によっては気持ち良いというリラクゼーション効果はありますが、鳴らなくても治療効果に差は出ません。つまり音を鳴らすことが目的ではありません。

続きを読む

真っ直ぐ立つ方法。大和市中央林間の整体

姿勢比較

自分は真っ直ぐに立っているつもりなのに、姿勢が傾いている、曲がっている、と言われる。そんなんこと言われても自分の姿勢は見れないので、傾いているとか、曲がっているとか分からないですよね。なので、自分の体の歪みを体感しながら、姿勢も改善しちゃいましょう。

 

続きを読む

整体の禁忌/事故を未然に防ぐ

禁忌

整体などの手技療法を行ってはいけない障害や病気があります。その障害や病気は、筋骨格系の問題と似たような症状を伴うことがあります。それに気付かずに、筋骨格系の問題と思いこみ施術してしまうと、取り返しのつかない結果を招く恐れがあります。セラピストは患者に不利益を与えるような行為は決してしてはいけません。

禁忌症にもかかわらず、それと気付かずに手技を受けに来てしまう可能性のある、大動脈瘤と椎骨動脈狭窄の症状や確認方法について書きます。。

続きを読む

体性機能障害部位の判断基準TART

TARTはオステオパシーでは体性機能障害の判断基準として当たり前のことですが、オステオパスに限らす、整体師、カイロプラクター、鍼灸師、柔道整復師などの施術家全てが理解しておくべき知識だと思います。

Tenderness:圧痛

Asymmetry:非対称性

Range of motion abnormality:可動域の異常

Tissue texture abnormality(changes):組織の質感の異常(変化)

これらの頭文字を取ってTARTと言います。障害部位を見極めるために見るべき重要なポイントです。

続きを読む

線維筋痛症

先日「ザ・世界仰天ニュース」で線維筋痛症に苦しむ女性が取り上げられていました。

線維筋痛症の発症率は女性が高く、青年期に発症することが少なくないそうです。

今までに3人、病院で線維筋痛症と診断されているクライアントさんが来ました。当オフィスでは、痛みについて理解してもらうことと、体を動かしてもらうこと、リラクゼーション、下降性疼痛抑制経路の賦活などの方法で、体だけでなく脳にアプローチを行いました。症状を無くすことは出来ませんでしたが、痛みの軽減やコントロールに少なからずお役に立てたと思っています。

続きを読む

整体師が学ぶ関節の制限(動きの喪失)と矯正するべき場所

関節の可動範囲

体の歪みを整える際は、基本的には左右対称になるようにバランスを整えて行きます。この時に、どちらに問題があるか判断しなければなりません。整体師として駆け出しの頃は、症状のある方に問題があると考えがちですが、そんなことはありません。症状の無い方に問題があることは決して少なく、むしろ多いと言えます。手技で介入する所は、関節や軟部組織の制限を起こしている所であって、症状がある所ではありません。

続きを読む

整体師の姿勢の見方/静的な姿勢の分析。大和市中央林間の整体

整体師の姿勢検査

以前書いた記事を加筆・修正しました。

姿勢分析は、クライアントの体の状態を読み解くうえで必要な検査です。分析する際に重要なのは、あまり深く考えないこと。「これは、右が高いのかな?いや、左かも」と迷うとダメですね。つまり、最初の直感が大事。でも、直感は経験に裏打ちされたものなので、経験の浅いうちは結構間違えます。 整体師によって、見ていく順番は違うと思いますが、私の場合は、上のほうから見ていきます。どこから見て行ってもいいと思っています。首の歪みで下肢がバランスを変えることもあるし、下肢の歪みで首のバランスが変わることもあるので、順番は拘ってはいません。問題がある部分が明らかなら、見る順番を変えることはあります。

続きを読む

整体師がまず勉強すること

骨格

人の体を観る上で、まずはじめに知っておかなければならないことがあります。それは体の触れ方でもなく、改善方法でもなく、「体の正常な状態」だと私は考えています

「正常」が分からなければ、「異常」が分かりません。だから最初に覚えるべきことは、異常の無い、正常な状態です。これが理解できているか、いないかによって、後々大きな差になってきます。

続きを読む

整体師が行う問診

整体やカイロプラクティックなど手技療法を行う前に必ず問診を行います。もし、あなたが辛い症状に悩まされていて、行ったところが問診もせず、いきなり「ベッドへ寝てください」と言うような所はお勧めできません。施術家もそれをしてはいけません。場合によっては手技をすることが適応外で、病院で治療を受ける必要のある問題が隠れているかもしれません。

問診で聞くべきことは、症状の発症した状況や、その後の症状の変化などはもちろんですが、普段の生活習慣や運動歴なども聞きます。既往歴については問診票に記入してもらい、症状の原因を考える上で必要だと思ったら、本人に詳しく話を聞きます。

以下は、コリや痛み、しびれなどを訴えてきたクライアントさんが来た場合にする問診です。

続きを読む