ゴルファー必見!これを知って腰痛を予防!大和市中央林間の整体院

ゴルフを遊びや趣味やっている人や、コンペで優勝を目標に頑張っているアマチュアからレッスンプロまで、いろいろなタイプのゴルファーを施術してきました。その多くの人は腰痛で悩んでいました。ゴルフは特殊な体の使い方をするので腰への負担が少なくありません。特に股関節の使い方が重要です。

※この記事は右利きの人のスイングを例えに書いていきます。

続きを読む

整体でめまいを改善することはできる?大和市中央林間の整体院

めまいが起きたら、まずどこへ行きますか?普通は病院ですよね。めまいが起きて、すぐに整体やカイロプラクティックに行く人は少ないと思います。もともと整体やカイロプラクティックに通っていて、そこの先生と信頼関係があった場合は、最初にそこへ行くかもしれませんが、やはり、まずは病院へ行くべきです。正直言って、手技療法の先生で、めまいについてのちゃんとした知識を持っている人は多くありません(本人は「治せる」と言っていてもです)。腫瘍や血管障害によって起こるめまいだった場合、命の危険があります。まずはそう言った可能性を排除するために、病院での検査を受けてください。

続きを読む

心疾患・ADHD・パーキンソン病、神経学三昧の1週間

この1週間で3日セミナーに参加してきました。全て神経学関連です。人の体をみるうえで神経に関する知識は欠かせません。私が神経学に力を入れ出した理由は、筋骨格系の知識やテクニックだけでは、効果が出せない人が多くなってきたからです。良く考えれば、筋骨格を動かすのは神経なので、神経の知識が乏しければ、筋骨格系の問題もちゃんとみれないことになるんですよね。

続きを読む

後頭部の頭痛と首の歪みと大後頭神経。大和市中央林間の整体院

後頭部の頭痛

頭痛と言っても、痛みの出る場所は様々です。目の周りや奥に出る頭痛、側頭部(こめかみ)に出る頭痛、頭頂部に出る頭痛、そして、後頭部に出る頭痛。側頭部(こめかみ)に出る頭痛が多いように見受けられますが、後頭部の頭痛を訴える人も少なくありません。この部分に頭痛が出る人は、筋肉の緊張により、ある神経を刺激して起こる頭痛であることが多いように感じます(私心)。

続きを読む

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と間違われる筋膜性の痛み。大和市中央林間の整体

坐骨神経痛

坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアで神経が障害された痛みやしびれは、腰だけでなく、お尻や足へ痛みを出します。このことは、医師やセラピストに限らず、一般の人にも多く知られていることだと思います。ですが、実は神経障害ではなくでも、お尻から足にかけて痛みやしびれを出す障害があります。中央林間カイロにお越しいただく人の中でも少なくないのが、小殿筋と言う筋筋膜による痛みやしびれです。

続きを読む

運動前にストレッチは間違い?大和市中央林間の整体

ふくらはぎストレッチ

私が学生の時は、体育の時間の前や、部活の前などに、ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチを行うことが当然でした。今でも当然のように行っている人も少なくないと思います。皆さんこのストレッチを何のためにやっていますか?

  • 怪我の予防
  • 運動パフォーマンスの向上

多くの人がこんなふうに思っているんじゃないでしょうか?実は運動を行う前にやる筋肉を伸ばすストレッチには、上記の効果はありません。

続きを読む

自律神経/交感神経と副交感神経、それぞれの働き。大和市中央林間の整体

交感神経と副交感神経をまとめて自律神経と言います。「自律神経失調」とか「自律神経が乱れている」って聞いたことがあると思いますが、これは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっていることを指します。

交感神経は「怒る」「イライラする」というイメージで、副交感神経は「眠い」「リラックス」と言うイメージがありませんか?それだけじゃなく自律神経はいろいろな体の働きに関わっています。

続きを読む

手首を反らすと痛い。大和市中央林間の整体

手首の痛みの原因は、外傷を除けば、手首の使いすぎがほとんどです。仕事や運動で、手首をよく動かす人(例えば治療家、そばやうどん屋などで麺をこねる、料理人がフライパンなどを振る、バドミントン、卓球、など)は自覚がありますが、そう言った仕事をしてない人は、「そんなに使っていない」という答えが返ってきます。実は、とても些細なこと、しかも現代の多くの人がしていることが手首の負担になっています。

それは、パソコンを使ったデスクワーク。キーボードを打つ時やマウスを握っている時の手首は、必ず少し反った状態になり、コレが手首の負担になっています。

続きを読む

腰椎4/5間の椎間板ヘルニアではL5の神経障害が起こります。大和市中央林間の整体

前回「病院の診断は腰椎椎間板ヘルニア・・・あれ?筋肉緩めたら痛みが取れちゃった。」で少し書きましたが、腰椎4/5間の椎間板ヘルニアは内側性であればL5の神経を障害し、外側性であればL4の神経が障害されます。構造上、椎間板ヘルニアは内側性が圧倒的に多く起こります。しかし、腰椎4/5間から出ている神経がL4なので、腰椎4/5間の椎間板ヘルニアはL4の神経障害だと思っているセラピストは少なくありません。

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアのはずが、筋肉緩めたら痛みが取れちゃった。大和市中央林間の整体

ハムストリングス

3ヶ月位前から、脚に痛みがあり、病院へ行ったら「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された50代男性のクライアントさん。症状は、太ももの後ろ側の痛みで、長い時間座って仕事ができないということと、突然、激しい痛みに襲われることが1日に何回かある。病院では痛み止めを処方されただけで、しばらく様子を見ることになったそうです。それでも、症状が改善しないというので、中央林間カイロのホームページを見て当オフィスに来てくれました。

続きを読む