腹筋も腰痛の原因になる。大和市中央林間の整体院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
腰痛

腰痛と言えば当然、腰の痛みのとこですが、その原因は腰以外にあることが少なくありません。その中で、腹筋や大腰筋と言った、体の前側にある筋肉が腰痛の原因になることがあります。

スポンサードリンク

腹筋の筋膜性の痛みは腰に出ることがあります。

腹筋は体の前に付いている筋肉ですよね。しかしその腹筋の筋膜性の痛みは腰に出ます。

腰痛

痛みの範囲は、図のように腰の下の方だったりしますが、上の方に出ることもあります。このことはセラピストの人であれば知っていると言う人も少なくありませんが、一般の人はなかなか知らない事実だと思います。筋膜性だけでなく、腹筋が硬くなることで、腰痛を引き起こすこともありますが、それは腰痛の原因の筋肉とその対処に書いていますので、そちらをお読みください。

座っていることが多かったり、中腰でいることが多かったりすると腰に負担がかかるのは想像できますよね。この時、ほとんどの人は腰を揉んだり伸ばしたりしますよね。そして少し楽になります。でもまたしばらくすると、腰が辛くなりませんか?

伸ばされている筋肉だけじゃなく、縮んでいる筋肉も疲労しています。

座っていたり、中腰になると、腰の筋肉が伸ばされて負担がかかるのは想像できますよね。でも筋肉が疲労するのは、何も伸ばされて負担がかかった時だけではありません。縮んでいる状態の筋肉も疲労します。

考えてみてください、肘を曲げた状態で、ダンベルを持っていたらどこの筋肉が疲れてくると思いますか?疲れるのは曲げている側の腕の筋肉ですよね。つまり縮めている筋肉が疲労しています。

話を戻します。座っていたり、中腰でいると、縮んでしまう筋肉はどこでしょう?それは体の前にある筋肉たちですよね。そして、その腹筋の筋膜性の痛みは腰に出ると言うことです。実際には腹筋以外にも、太ももの前の筋肉や胸の筋肉なども縮んでいます。そしてこれらも腰痛に関連してきます。今は腹筋の話なので、それは置いておきます。

まとめ:腹筋が縮むことで、腰痛になる原因は2つです。

一つは、腹筋が硬くなった状態で体を動かすことで、腰に負担がかかってしまうこと。それについては腰痛の原因の筋肉とその対処に書いていますので、そちらをお読みください。

もう一つは、腹筋の筋膜性によるもの。

腹筋をちゃんと緩めてあげることで、この二つの腰痛の原因に対処することが出来ると言う訳です。腹筋が関連した腰痛で施術でコレをやっておかないと、いつまでも楽になりません。腰が痛いからと言って、腰ばかりに注目するのではなく、腹筋や体の前側の筋肉にも注目することで、腰痛の改善率がグンっと上がると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スキルアップ講座

スキルアップ講座を行っています。

この講座は、施術家の初心者向けになります。テクニックだけたくさん身に付けても、その使いどころが分からなければ意味がありません。そのために、症状の本質を見抜くための基礎を教える講座です。基礎が身に付けば応用が利くようになり、初めて対応する症状にも慌てることがなくなります。

スキルアップ講座についての詳細

中央林間カイロプラクティックオフィス

〒242-007 神奈川県大和市中央林間4-5-9 Coma21-201号室

コメントを残す