後頭部の頭痛と首の歪みと大後頭神経。大和市中央林間の整体院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
後頭部の頭痛

頭痛と言っても、痛みの出る場所は様々です。目の周りや奥に出る頭痛、側頭部(こめかみ)に出る頭痛、頭頂部に出る頭痛、そして、後頭部に出る頭痛。側頭部(こめかみ)に出る頭痛が多いように見受けられますが、後頭部の頭痛を訴える人も少なくありません。この部分に頭痛が出る人は、筋肉の緊張により、ある神経を刺激して起こる頭痛であることが多いように感じます(私心)。

スポンサードリンク

記号の説明

C:背骨に対しては頚椎を表し、神経に対しては頚神経を表す。

上部頚椎の歪み

後頭部に頭痛が出る人を検査してみると、首の上部の骨の配列がズレていることが往々にしてあります。特に上部の首の骨(頚椎)は、左右に捻じる動き(回旋)がしやすい構造になっています。どちらかに首を向けた状態が長く続いていると、捻じれたままになってしまいます。テレビやパソコンの画面を見るときに、いつも左か右を向いていたりする、椅子に座った状態で左か右のどちらかにいる人とばかり話をする、といった普段何気なくしていることの積み重ねで歪んでしまいます。

頚椎に捻じれの歪みがある場合、捻じれている側へは向きやすくなります。顔を左右に向けてみて、向きやすい方があれば、そちらに頚椎が捻じれている可能性があります。

頭痛の元は?

頭痛が出る原因は、周辺の筋肉への負担と、血管への負担、神経(特にC2)への負担です。

筋肉への負担

後頭部にはたくさんの筋肉が付いています、頚椎が捻じれることで、その筋肉には負担が増大し、コリや痛みを出します。主に以下の筋肉が後頭部周辺の頭痛の要因になります。

後頭下筋群、僧帽筋(上部線維)、板状筋、起立筋(特に頭半棘筋)、など

血管への負担

頚椎には横突孔という穴があいていて、その穴の中を頸動脈が通っています。特にC2からC1、後頭骨へと向かう部分は、急なカーブを描いており、頚椎の歪みの影響を受けやすい部分です。

神経への負担

大後頭神経(C2の後枝)は、頭半棘筋、僧帽筋を貫いて、後頭部から頭頂部へ向かい、その部分の知覚を支配しています。この神経へ負担がかかることで、後頭部に頭痛を出します。頭半棘筋や僧帽筋(「筋肉への負担」でも挙げた筋肉)を貫いているので、これらの筋肉が凝ることで、神経への刺激となり頭痛を引き起こすと考えられます。また、この大後頭神経は頭頂部で三叉神経の第1枝と接続して、三叉神経第1枝の領域である、前頭部や目の奥の痛みを出すことがあります(大後頭神経三叉神経症候群)。

中央林間カイロでは必ず、後頭部の頭痛のクライアントさんに対して、後頭部の知覚の検査を行います。すると、頭痛の出ている側の知覚が過敏になっている人が少なくありません。

頚椎の歪みを解消するストレッチ

筋肉の問題にしろ、血管の問題にしろ、神経の問題にしろ、頚椎の歪みが大元の原因になるので、その歪みを解消させましょう。

まずは、首を左右へ大きく振って、向きにくい方を確認します。この時、あまり力を入れて首を振らなくて結構です。普通に左右を見るように首を振ってください。

右側へ向きにくかったと仮定してストレッチの方法をご説明します(この場合、頚椎は左に捻じれています)。左に向きにくかった人は、説明とは逆の動きでストレッチをやって下さい。

  1. 右へ無理せずに向けるところまで首を捻じります。
  2. 左手の平を顔の左側(ほっぺた辺り)に付けます。
    後頭部の頭痛
  3. 右に向けた首を、正面に戻すように力を入れますが、左手で首が動かないように押さえます。首の力は2,3割程度の弱い力で構いません。
  4. 3~5秒間、首の動きを左手で押さえつける。
  5. 首の力を抜く。
  6. 4と5を5回繰り返す。
  7. 終わったら、一度、顔を正面に向け、首を左右に振ってみて、右側へ向きやすくなっているか確認する。

おそらく、向きにくかった方向へ向きやすくなっていると思います。もしならなかった場合は、原因が別の所になるかもしれませんので、無理してやりすぎないようにしてください。

ストレッチの最中に首に痛みが出る場合などは中止してください。ストレッチは自己責任でお願いします。

まとめ

後頭部の頭痛の元は、筋肉、血管、神経などがあり、その中でも神経に問題が起きている人が多くみられます。その頭痛の元になる組織に影響を及ぼしている原因は頚椎の歪みです。そのため、根本的に頭痛を解決するには、頚椎の歪みを解消することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

施術も行っています

神奈川県大和市でカイロプラクティックをしています。

骨盤や背骨を矯正することがカイロプラクティックではありません。カイロプラクティックは神経の伝達を最適な状態にすることを目的としています。体のバランス、痛み、しびれ、自律神経障害、運動障害・・・すべてに神経が関わっています。筋肉や骨だけを考えていては、改善しない症状がたくさんあります。

もし、私の書いたブログを読んで、施術を受けてみたいと思っていただけたなら、いつでもご連絡ください。きっとお役に立てると思います。

 


中央林間カイロプラクティックオフィス

中央林間カイロプラクティックオフィス

〒242-007 神奈川県大和市中央林間4-5-9 Coma21-201号室

コメントを残す