めまいにも対応できるカイロプラクティックオフィスです。大和市中央林間の整体院

神経障害

毎月、数名の方が、めまいやめまい感の相談にお越しになります。多くの人が、ご自身にあったトレーニングやリハビリをしっかりと行うことで、症状の軽減や改善されています。めまいに相談に来られる方は、60歳以上の方が大半で、女性が少し多い割合です。病院で、検査・治療を受けているが、なかなか改善しないということで相談を受けます。

スポンサードリンク

めまいを改善させるには前庭系の生理学の理解が必要

めまいをみるうえで大切なのが、前庭系の生理学を理解しているかどうか。前庭系は、頭の動きや体の位置を感知します。視覚、筋肉・関節、姿勢制御、運動制御と繋がりが強く、これらの感覚の統合がうまくいっていないと、めまいを起こします。

問診では
・どんな感じか?
発症した時の状況
・その時の、めまいの起こっていた時間は?1分以内・数分・数時間・数日・数週間から数カ月
・過去12ヶ月の間に、病気や怪我、ストレスなどはなかったか?
・誘因はあるか?
・飲んでいる薬があるか?
・聴覚障害(難聴・耳鳴り)はあるか?
などを聞きます。これらの情報は、原因を絞るうえでとても重要です。原因によっては、問診だけで問題部位の見当をつけることが出来ます。

次に検査を行い、問題の部分を探していきます。多くの場合、眼球運動に問題がみられます。この眼球の動きから、たくさんの情報が読み取れます。
・動いている物を追えるか?
・視点を素早く切り替えられるか?
・どの方向への眼球の動きに問題があるか?
・眼振の方向は?
・輻輳(寄り目)は?
・開散(左右の目が離れる)は?
これを読み取るためには前述した前庭系の理解が欠かせません。

原因に適したリハビリを

めまいは一部の原因を除いて、継続的なリハビリやトレーニングが重要になってきます。その方法も、原因に適した方法を行います。そうしないと効果がありません。前庭系の知識がない整体やカイロプラクティックの先生は、首の関節や筋肉が原因だ、と言われますが、それ以外でもめまいは起こりますので、原因が首に無かった場合は、効果が出ないどころか、首に余計な刺激を加え過ぎて悪化させてしまう可能性もあります。だからこそ、前庭系の知識と、問診や検査がとても重要になります。

リハビリやトレーニングは自宅でも行っていただきます。週に1回だけ施術を受けに来て、そこでトレーニングを行うだけでは、なかなか効果が出ません。ですが、しっかりとトレーニングを行えば、ちゃんと効果が表れてくれます。

 

次のページも参考にしてください。

めまいについて

スポンサードリンク