おしっこしたいのに出ない。自律神経が乱れてるかも

神経障害

今回は自律神経と排尿について。

自律神経の悩みを抱えてくるクライアントさんや、症状に自律神経の問題が疑われるクライアントさんに対しておしっこをするときの状態を質問します。実はこれ、とっても重要なことなんですよ。自律神経障害が起こった時に、骨盤内臓の機能不全、その中でも膀胱機能障害が最も重要なんです。

質問内容は「おしっこをしたくなって、トイレに行っても、なかなかおしっこが出ないことはありませんか?」「おしっこをしたのに、残尿感があったり、また直ぐにおしっこをしたくなることはありませんか?」

内尿道括約筋の弛緩は副交感神経の働き

尿道括約筋という筋肉が尿道にあり、これが閉じていることで、おしっこは漏れずに膀胱に溜めることが出来ます。尿道括約筋は内と外の2種類あります。内尿道括約筋は、意識的に締めたり緩めたりすることはできません(不随意)。しかし、外尿道括約筋は意識的にコントロールすることが出来ます(随意)。このおかげで、おしっこがしたくなっても、すぐに漏れることは無く、しばらく我慢することが出来ます。

膀胱に一定量の尿が溜まり、膀胱壁が伸びることで、その情報が神経を伝って脊髄へ送られて排尿反射が起こります。排尿時、膀胱は収縮し、内尿道括約筋が緩むことで、尿の通り道が開き体外に放出することができます。

これは男性も女性も同じです。

交感神経が優位だと内尿道括約筋が緩まない

内尿道括約筋は副交感神経の働きにより緩めることが出来ます。ご存じの通り、副交感神経は自律神経で、交感神経と対をなしています。交感神経と副交感神経を簡単に説明すると、交感神経は活動的な時に優位になり、副交感神経は休息時に優位になります。このことから分かるように、交感神経と副交感神経が同時に活性化することはできません。一方の活動が強くなれば、もう一方の活動は低下します。

つまり、交感神経が優位な状態では内膀胱括約筋がなかなか緩まないということになります。これがどう言うことを意味することが分かりますか?おしっこをしたいのに、おしっこが出ない。あるいは、なんとかおしっこが出ても、すぐに内尿道括約筋が閉じてしまい、膀胱に尿が残ったままになってしまうので、スッキリしなかったり、またすぐにおしっこをしたくなる。ということが起こります。

経験がある人も多いのではないでしょうか?大事な試験の前、人前に立って話をする前、コンクールなどの出番の前、など、トイレに言っても、なかなかおしっこが出ないなんてこと。これは交感神経が優位になっているため、内尿道括約筋が緩んでくれないからなんです。

自律神経の状態は総合的に判断

自律神経の働きを見る方法は排尿の状況だけではありません。その他には、瞳孔や発汗、睡眠、内臓の働き、など、様々あります。一つだけで自律神経の状態を決めるのではなく、複数チェックして総合的に判断します。

おまけ

逆に、尿漏れで危険ななのは馬尾症候群。馬尾症候群は背骨の中を通っている神経(腰の部分)が障害された状態で、排尿・排便障害、腰下肢の痛みやしびれ・麻痺・運動障害などの症状が起こります。これは一刻も早く神経の圧迫を取り除くための手術が必要になります。症状発症から48時間を超えてしまうと、その後の回復に大きな差が出てしまいます。